GIMP、一筆書き風アニメーションの作り方

GIMPの Script にパスをアニメーションに変換するものが公表されています。この機能を使うとパスで描いた図形が一筆書きのようなイメージのアニメーションになります。画像の揺れとか光のゆらぎのようなアニメーションもあります。
以下は、パス- ストローク スクリプトを使って作ったアニメーションの例です。

tubame-saitekika 桜花びら-2
おさるさん-2 うさぎ
花びら1 花びら3

内容はスクリプトのダウンロード・格納と具体的なアニメーション作成手順に分けて書きます。
1.パスストロークアニメーション Script のダウンロードとGIMPフォルダへの格納
2.うさぎアニメーション(上図の中段右)の作成

【Script のダウンロード】
1.ダウンロード
以下のサイトからダウンロードできます。
http://goo.gl/WWV9Bu
1-Script場所

2.GIMPフォルダへの格納
ダウンロードファイルはZIP形式ですので解凍してください。解凍すると Script ファイルとブラシファイルがありますので、GIMPフォルダのそれぞれの場所へ格納してください。格納場所については既ブログ(GIMP、光のゆらぐアニメーションの作成)ご参照ください。
Scriptファイルは、¥C¥ユーザー¥(名前)¥.gimp-2.8¥scripts
ブラシファイルは、¥C¥ユーザー¥(名前)¥.gimp-2.8¥brushes2-ダウンロードファイルを開く

解凍された「brush」フォルダには1個のブラシがあります。
3-ダウンロードファイルを開く

ドラッグ&ドロップでGIMPの指定フォルダへ入れる(ドラッグ&ドロップでなくても、、、)
ブラシを入れる(¥C¥ユーザー¥(名前)¥.gimp-2.8¥brushes )
4-GIMPフォルダへ入れる
Scriptを入れる(¥C¥ユーザー¥(名前)¥.gimp-2.8¥scripts )
5-GIMPフォルダへ入れる

GIMPを起動し、簡単なパスを作る(パスは作らなくても画面右のダイアログで「パス」を選び、何もないパス領域を右クリックしてもドロップダウンメニューが表示され確認できる)
GIMP画面のパスの右クリックからのドロップダウンメニューに新たな機能が追加される(パスを右クリックするとドロップダウンメニューに追加されたパスストローク機能が表示される)3-パスアニメ機能追加


【うさぎの一筆書き風アニメーションを作る】
うさぎの絵に沿ってパスを作れば、それがストロークアニメーションとなります。元絵のうさぎはダウンロードできます
1.元絵うさぎをGIMPへ読み込む
4-パスアニメ作成

2.描写線に沿ってパスを作る
1)頭部分のパスを作る(頭の部分を10個のアンカー点でつないだ)5-パスアニメ作成

ハンドルと方向線でパスを滑らかに描写線に沿わせる。パスの名前を「頭」とする。
6-パスアニメ作成

2)同様に体の部分に沿ってパスを作成し、滑らかに描写線に沿わせる。パス名は「体」とする
8-パスアニメ作成

3)目玉部分は中心から渦巻状のパスを作る。パス名は「目玉」とする
10-パスアニメ作成11-パスアニメ作成

3.レイヤーにアニメーションレイヤーを作る
1)「アニメ」レイヤーと「背景」レイヤーを作る
透明レイヤーを新設しレイヤー名を「アニメ」、背景になる白レイヤーを新設レイヤー名を「背景」とする。順序は一番上が「アニメ」、次が「背景」、「うさぎ」レイヤーが一番下。
12-パスアニメ作成14-パスアニメ作成

2)パスの確認「背景」レイヤーにより、画像は白とななるのでパスを表示させてみる。13-パスアニメ作成

4.パスのストローク作成(同時にレイヤーにアニメーションレイヤーが出来る)
1)ブラシのサイズを設定ストロークされる線の太さはツールボックスの「ブラシ」で設定されます。ブラシはクッキリした円として、サイズは2.00に。
16-パスアニメ作成

2)「頭」パスのストローク作成
「頭」パスを選択し、右クリック。表示されたドロップダウンメニューで「Animated Path Stroking 」をクリック15-パスアニメ作成

何故かエラーが出るが、平然と「OK」
30-パスアニメ作成

ストロークの設定画面は、GIMPメイン画面に隠れるので、メイン画面を小さくすると見える(エラーが出るため最前面にでないようです)
アニメーションレイヤー数(フレーム数)、ストロークの色などを設定します32-パスアニメ作成

頭部分のストロークができた
17-パスアニメ作成

3)「体」部分のストローク作成
「体」パスを選択し、右クリック。表示されたドロップダウンメニューで「Animated Path Stroking 」をクリック18-パスアニメ作成

同様にエラー表示を消し、後ろにある「ストローク設定」画面を表示させる。「頭」部分の設定と異なるのはフレーム数を30にすることだけです。
33-パスアニメ作成

体の部分のストロークができた
19-パスアニメ作成

4)「目玉」部分のストローク作成
ブラシのサイズを大きくします(塗りつぶす代わりに太い線でストロークさせます)20-パスアニメ作成

後は同様に行い
21-パスアニメ作成

ストロークの設定画面で、フレー数は10とし、ストロークの色を「赤」します22-パスアニメ作成

赤い目玉がストロークされました
23-パスアニメ作成

5.アニメーションの作成
1)「うさぎ」レイヤーの除去
原画のうさぎはアニメーションに関係ないので削除
24-パスアニメ作成

2)アニメーションを確認
25-パスアニメ作成アニメーションが働いた
26-パスアニメ作成

3)GIF最適化と差分最適化を行う
27-パスアニメ作成

4)背景(白)画面のフレーム表示時間を500ms に設定
スタートの白画面を0.5秒にして、動きにメリハリを与える(レイヤー名に「(500ms)」を追加する)
28-パスアニメ作成 (2)

5)GIFアニメ-ションファイルとして書き出す
28-パスアニメ作成

GIF形式設定画面で、「アニメ-ションとしてエクスポート」にチェックを入れる29-パスアニメ作成

アニメーション完成
うさぎ

カテゴリー: アニメーション, GIMP タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中