Windows Defender Offline を使って人質ウィルスを除去する

人質を取って法外な要求をする、許せない人質事件。パソコンの世界でもあるようです(実世界にあってパソコン世界にないものはありません、パソコン世界も実社会です)。
パソコンを人質にして金銭を要求するウィルスを「ランサム(Ramsome)」と云うそうです。
具体的には、「パソコンデータを暗号化した、元に戻して欲しくば○○円払え」とか、警察・弁護士事務所を名乗って「違法なアダルトサイトを閲覧した、罰金○○円が必要となっている」などの警告が出て画面の消去ができなくなるような例があるそうです。
このような人質ウイルスなどのマルウェアの被害に遭わないためには、基本的なPCのセキュリティ対策を行っておくことが重要です。
若しこんなことになってもお金を払うことはやめましょう。

ウィルスに汚染されたら、セーフモードで起動してシステム復元をするのが一般的だと思います(一回ですが、親戚のパソコンで変な画面が消えなくなったのを直したことがあります)。
しかしWindows Defender Offline を使ってウィルスを除去するしか方法がない場合もあります。パソコンの動きが固まってしまったような、システムが正常に働かなくなったウィルスの場合です。パソコンOSをCD-ROMやUSBメモリーから立ち上げ(最低限のシステムで立ち上げ)Defender でウィルスを除去するので、こんな状態でもウィルス除去ができる可能性があります(そんなウィルスには罹りたくないが、、、)。
DVD-Defender

 

【 Windows Defender Offline をダウンロードする】
ブラウザで「 Windows Defender Offline Windows8 」で検索して、オリジナルサイトを開く
30-8defender

http://goo.gl/3dd3rO
この画面からWindows8用の 「 Windows Defender Offline 」をダウンロードする画面へ移動します。
Windows7パソコンであればパソコンのOSに合わせて、32ビットか、64ビットのものをダウンロードします。ダウンロードしているパソコンのOSではなく、ウィルスを駆除しようとするパソコンのOSで選びます。
ダウンロードした後のインストールなど操作は Windows8と同じです(Windows7用では日本語化されていますので安心感があります)
31-8defender

http://goo.gl/03cK53
Windows8用のサイトが開いたら同じように、駆除しようとするパソコンシステムのOSに合ったものをダウンロードします。
32-8defender

パソコンのOSを確認するには、
コントロールパネルから「システムとセキュリティー」→「システム」で確認できます。33-8defender



【 Windows Defender Offline VDV(USBメモリー)を作成】

作成はどのパソコンでもOKです。ただしウィルスに汚染されてないものが良いのは云うまでもありません。

ダウンロードしたファイルをクリックして実行、インストールが始まります。
34-8defender

開いた画面で「Next」
40-8defender

起動ディスクを選びます。私はVDVを選びましたので、新品のDVDを装着して、「Next」
41-8defender
(Windows7用は日本語化されている)
12-Offline

インストールが始まります。
1)ファイルのダウンロード
2)ファイルの処理
3)DVDへの書き込み
4)ファイルの検証
1-8defender

3-8defender

4-8defender

5-8defender

「Defender Offline 」起動DVD 作成完了
6-8defender


【Defender Offline を使う】

機能として通常のWindows Defender と同じと思いますが、セーフモードで起動したときよりも更に小さいWindowsシステムとなっているので、ウィルスの駆除がより確実に行えます。
作成したDVDをウィルスを駆除しようとするパソコンに装填して、パソコン再起動(BIOSでDVDが第一起動デバイスとなっていること)するとVDVからファイルを読み込み、最小Windows が立ち上がります
50-8defender

51-8defender

続いてDefender Offline が起動
52-8defender

Defender Offlineが起動すると、スキャンが始まります
53-8defender

Windows Defender Offline の操作画面や機能は普通のWindows Defender と同じです。
スキャンしてウィルスが見つかれば駆除し履歴(History)に表示されます。
58-8defender

ウィルスパターンの更新もできるようです
55-8defender

56-8defender

57-8defender

カテゴリー: Windows, Windows 8, Windows8.1 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中