GIMPアニメーション、文字のスクロール(GAPを使う)

何かよくわからないが、GAP(GIMP Animation Pack)—plug-in や script の集まり、をインストールすると文字がスクロールするアニメ-ションを作ることができます。
ここではGAPのGIMPへの組み込みと実際のアニメーション作成をしてみます。

いろはスクロール 聖夜 harugakita1

【GAPの組み込み】

1.ダウンロード
「GIMP GAP 2.6.0」で検索。
「GIMP Animation Pacage Download—」を開く
1-gap

開いたサイトからダウンロード
2-gap

クリックして開いた画面でダウンロードするサイトを選ぶ
3-gap

選んだサイトからファイルがダウンロードされる
4-gap

2.解凍して、得られたGAPファイル群をGIMPの拡張機能フォルダへ入れる
1)組み込みが成功したらどうなるか
最初にGAPを組み込んだGIMP画面を知っておきましょう。GAP組み込みに成功すればメニューに「Video」が追加されます
Video追加0-gap

2)GAPをデスクトップへインストール(?) —- 各種ScriptやPluginを書きだす
インストール場所が分からないのでデスクトップへ書き出し(インストール)、それをGIMPの機能拡張フォルダへドラッグ&ドロップで入れました。従ってこの方法では、アニメーションは作れますが他のGAPの機能が正常にインストールできている保証はありません、あしからず。
ダウンロードしたZIPファイルを解凍して、GAPセットアップファイルを起動解凍展開

実行ファイルを起動すると言語選択画面が開く。「English」を選ぶ
7-gap

インストールが始まるのでウィザードに沿って進む
8-gap9-gap

インストール(?)先をデスクトップにする。
10-gapデスクトップに開く-0デスクトップに開くデスクトップに展開中

インストール場所が違うので警告がでるが、「キャンセル」で消す
展開されなかった

3)デスクトップにある「 Script 」や「 Plug-in 」ファイルを、GIMP機能拡張フォルダへ入れる
Plug-in の組み込み
デスクトップから lib→gimp→2.0→plug-in とフォルダを開き、27個ある実行ファイルを
ユーザー→名前→.gimp2.8 →plug-in フォルダへ移動させる
プラグインへ入れる

Scriptの組み込み
デスクトップから share→gimp→2.0→script とフォルダを開き、2個ある scmファイルを
ユーザー→名前→.gimp2.8 →script フォルダへ移動させる
スクリプトへ入れる

4)GIMPを起動して確認
GIMPを起動してメニューに「Video」があるか確認。GIMPを開いていた場合は終了させ再起動Video追加



【スクロールアニメを作る】

1.スクロール基本画面を作る
200×100のスクロールを表示する基本画面を作る。色は白とする
50-枠レイヤー

枠を作る
開いた画面全体を選択し、選択範囲を20pix 縮小
52-枠レイヤー

選択範囲を反転。コピー、貼り付け
53-枠レイヤー

枠のレイヤーができた。貼り付けたレイヤーは枠なのでパターンで模様を付ける。
貼り付けたレイヤーを選んで不透明部分を選択し、パターンから適当な模様を選んで塗る
54-枠レイヤー

枠に模様が入って、レイヤー名を「waku」とした
55-枠レイヤー

デスクトップにフォルダ「スクロールTEST」を作り、このスクロール基本GIMPァイルを「background_000001」として保存する。
56-枠レイヤー

2.「background_000001」ファイルの複製を作る
メニューの「Video」→「DuplicatFrames」
複写の回数を899回とし全部で900枚を作る
5-フレーム数
画面下に進行バーが出る(少し時間がかかる)。900枚は60枚×15秒のスクロールとなる。

3.スクロール文字画面を作る
新しく600×100の白画面を作る。
58-枠レイヤー

スクロールさせる文字列を入力する
6-スクロール文字

文字数を数える。ワードに文字列をコピーして調べた。もちろん目で数えても良いが、、、
1-文字数を数える

スクロールの長さを知るため、文字列の長さを確認(2648 pix )
3-文字の長さ

3.スクロールアニメを作る
スクロール基本画面の「背景」レイーヤーを選択し、メニューから「Video」→「Move Path 」。
⑤では文字列のGIMPファイル(画面)を選択する。⑧でスクロール開始の位置を指定して、⑨で最終場所の指定に入る。
7-スクロール文字

最終場所は前に計算した「2647」だから空白の時間を考えて「2800」程度で良い。これを入力して、「Anime Preview」をクリック(前画面でY、縦位置の指定が間違っているようだ、17ではなく10か5程度にすれば良いと思う)
8-スクロール文字

Move Path Animated Preview 画面で「Framerate」を60にして、「OK」9-スクロール文字

アニメーション画面が開くので、再生させて確認。右上の×で消す。10-スクロール文字

「MovePath」画面を「OK」で消す。アニメーション作成作業らしいものが始まる(少し時間がかかる)
59-枠レイヤー

スクロールGIMP基本画面、枠を作ったもの、を選び、
メニューから「Video」→「VCR Navigator」をクリック、開いた画面で「Framerate 」を60として「閉じる」
15-スクロール文字

メニューから「Video」→「Frame to Image 」をクリック。開いた画面は何もしないで「OK」16-スクロール文字

アニメーション作成作業が始まる(少し時間がかかる)

4.アニメーションGIMPファイルをGIFファイルとして書き出す
新しくアニメーションのGIMPファイルが作られる。このファイルを選んで再生してアニメーション動作を確認。
17-スクロール文字

GIF最適化を施し、ファイル容量を減らす
18-スクロール文字

後はGIFのアニメーションとしてエクスポートする。

カテゴリー: アニメーション, GIMP タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中