Windows8、Microsoftアカウントとローカルアカウント

パソコンの使用アカウントは、複数の人で共有してパソコンを使用するためには必須のものです。また共有使用でなくても、勝手に他人がパソコンを開けられないようにする情報保護のためにも役立ってきたと思います。
そしてWindows8になった現在、OneDriveやOutlook.comメールその他マイクロソフトの各種サービスでの個人識別情報としての意味合いが、パソコンアカウントに付加されました。これがMicrosoftアカウントです。
Windows8パソコンでは、従来通りのWindows7までのローカルアカウントかMicrosoftアカウントのどちらかを使うことができます。しかしローカルアカウントではMicrosoftのOneDriveなどマイクロソフトのサービスと連携されません(OneDriveやWindowsLiveメールのフォトメールを使う場合は改めでそれぞれのサービスへサインインする必要があります)。
Windows8はMicrosoftアカウントのパスワードだけでなく、PINパスワード(4桁の数字)やピクチャーパスワードも使えますので手間はかかりません。Microsoftアカウントでサインインしましょう。

Microsoftアカウントでサインインしてできること(各サービスごとのサインインが不要になります)
1.Windows
テーマやお気に入りなどの設定が他のPCと同期できます。
例えばデスクトップとノート2台のWindows8パソコンをお使いの場合、デスクトップの使用環境が直ちにノートの使用環境に反映、同じになります。ノートで設定を変更すればデスクトップへ反映
2.Office
ファイルをOneDriveに保存しておけば、各パソコンからファイルにアクセスできます
3.Outlook.comメール
各パソコンで送信受信ができます
4.WindowsLiveメール
フォトメールが送信できます
5.OneDrive
各パソコンで利用できます

このブログは以下の順序で書いています
1.Windows8パソコンのアカウントを確認する(Microsoftアカウントかどうか)
2.ローカルアカウントをMicrosoftアカウントへ変更する
あaMicrosoftアカウントをローカルアカウントへ変更する
3.サインインを自動に設定する(他人が勝手に使える設定です、私は自分でサインイン派ですが、、、)

【Windows8パソコンのアカウントを確認する】
自動サインインとしている方などで、ご自分のWindows8パソコンがローカルアカウントでサインインしているか、Microsoftアカウントなのかは不明の方は以下の方法で簡単に確認できます。
チャームの「設定」から「PC設定の変更」と進み、開いたPC設定画面で「アカウント」をクリック、更に開いたアカウント画面の「お使いのアカウント」で確認できます。
ローカルアカウントの場合は「ローカルアカウント」と表示されています。0-local

【ローカルアカウントからMicrosoftアカウントへ変更する】
PC設定画面の「アカウント」から行います。
6-microsoft

「お使いのアカウント」画面で「Microsoftアカウントに関連付ける」をクリック7-microsoft

アカウントを切替えるためには、ローカルアカウントのパスワードを入力する必要があります。
8-microsoft

次に使用するMicrosoftアカウントとそのパスワードを入力。Microsoftアカウントを取得してない場合は、Microsoftアカウントの作成となります(事前にMicrosoftアカウントを取得するのが良いと思います)。
9-microsoft11-microsoft
(「新しいアカウントを作る」の場合)
10-microsoft

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイクロソフトの機嫌が悪い?、そんなことはないが、本人確認のため携帯電話へ確認コードが送られてきます(音声またはSMSでテキスト)。
12-microsoft
送られてきたコードを入力
13-microsoft

アカウントが切り替わります
14-microsoft
切り替わった
15-microsoft

アカウント写真を手動で替える(アカウントごとに画像を変えましょう)
16-microsoft

【Microsoftアカウントからローカルアカウントへの切替】
ローカルアカウントからMicrosoftアカウントへ切り替える方法と同じです。
「PC設定」画面から「アカウント」画面を開き、「関連付けを解除する」クリック1-local2-local本人確認のため、現在のMicrosoftアカウントのパスワードを入力
3-local

ローカルアカウントのユーザー名とパスワードを入力(始めてローカルアカウントを使うならここで設定)
4-local

「サインアウトと完了」をクリックすれば完了
5-local


【自動サインインの方法】 — パスワード入力なしで起動
自動サインインにすると誰でもパソコンを使うことができます。
誰かが勝手にあなたのパソコンを開き、ドキュメントを見たり、Facebookへ投稿をしたり、最悪の場合インターネットのアダルトサイトへアクセスするかも知れません。
個人的には自動サインインは行わない方が良いと思います(PINでの起動(4桁の数字)やピクチャーパスワード起動という簡単な方法があります。これらのサインイン方法の切替も簡単です)。

1.ユーザーアカウント設定画面を開く
1)「ファイル名を指定して実行」プログラムを起動
画面(デスクトップでもスタート画面でもOK)の左下隅を右クリック、表示されたポップアップメニューから「ファイル名を指定して実行」をクリック
101-microsoft

2)ユーザーアカウント画面を開く
プログラムを実行開いた「ファイル名を指定して実行」画面で、「 netplwiz 」と書き込み「OK」102-microsoft

2.自動サインインの設定
1)パスワード不要に設定
開いた「ユーザーアカウント」画面で「ユーザー」タブを選び、
ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外し、
「OK」(の操作は不要と思います)
103-microsoft

2)自動サインインするアカウントを指定する
自動サイン画面が開くので、ユーザー名とパスワードを記入して指定106-microsoft


なを自動起動を止めるには、
ユーザーアカウント画面で
ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」にチェックを入れるだけです。
この場合起動時にアカウントの選択ができますので、起動時のアカウント指定画面は表示されません
107-microsoft

カテゴリー: Windows 8, Windows8.1 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中