Windows8、アクションセンター

よく分からないけどアクションセンターについて書いてみました。
アクションセンターはパソコンの円滑な動作維持のため、情報と対処作業を行っている所のようです。アクションセンターからの情報はタスクバーの「通知領域」に表示されます。そしてここから問題への対処もできます(解決策が表示されない場合も多いけど、、、)。

先日、通知領域のアクションセンターに警告が出ているパソコンを見ました。内容はマイクロソフトアカウントに関するものでしたが、幸いパスワードも記憶されていたので正常に戻すことができました(フリーソフトをインストールした時に付随して変なアプリも一緒にインストールされ、パソコンがおかしくなった、何とか修復できた後に発生したとのことでした)。
アクションセンターアイコンに限らずタスクバーなどに見慣れないマークなどが表示された場合は、パソコンが「調子悪いよ!何とかして!と云っていることが多いと思います。

アクションセンター動作の一例として、SmartScreen を無効とした場合の表示と解決操作を示します。
1-Action

通知領域のアクションセンターアイコンをクリック、開いた画面に表示された解決策をクリック。
「SmartScreen画面」が開いたので「インアーネットからのアプリを実行する前に承認を受ける」とする
20-Action 21-Action

6-Action

 

【アクションセンターを通知領域に表示する】
既定の設定では、「アクションセンター」アイコンは通知領域に表示されるようになっています。若し「アクションセンター」が表示されてない場合は表示しましょう。
通知領域の全アイコンを表示させ、「アクションセンター」の右端の下向き▼から、「アイコンと通知を表示」を選ぶ。
9-Action

【アクションセンター —- セキュリティーとメンテナンスの情報&操作センター】
アクションセンターは通知領域のアイコンから開くことができます。またコントロールパネルからも開くことができます。
27-Action28-Action

アクションセンターはセキュリティとメンテナンスに分かれています。
29-Action

7-Action

8-Action

メンテナンスの一環として「信頼性モニター」があります。
異常終了?動作?したアプリやWindowsOS があった場合は「履歴」として表示されます。
感覚的に、定性的にですが、折れ線のグラフからパソコンの安定性が把握できます。
26-Action

カテゴリー: Windows 8, Windows8.1 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中