GIMP、スタンプで邪魔な画像を消す(ガイド線を使って直線を復元)

GIMPやフォトギャラリーを使って写真の汚れ、余計なものを消す方法は既に書きましたが、ここではガイド線を使って隠れた直線部分をきれいに再現する方法を書いてみます。もちろんガイド線を使わなくても器用にできる人は多いと思いますが、ガイド線があると私のような手が震えがちな者でも簡単でした。
1-ぼかす211-ガイド線とかぶせ

【より簡単に直線を再現するには】
縦目地はガイド線を使うことできれいな直線を復元し、横目地は事前に横目地部分をコピー貼り付けしておき、スタンプ操作で浸食されかすれたり消えた線を再現します。(サンプル画像はダウンロードできます)
1.横目地復元準備
横目地部分を選択(「自由選択」ツール横目地を選択)、コピーして貼り付け。「横目地」レイヤーと名前を付けました。
(原画を複写したレイヤーで作業しました、原画で直接作業して問題はありません)201-ガイド線とかぶせ

作成した横目地レイヤー画像。二つのレイヤーは連結して位置がずれないようにします。
202-ガイド線とかぶせ

2.ガイド線を引く
透明の新規レイヤーを作り(名前は「ガイド線」)、ブラシで一番細い線、1pxで、張り紙の下と上の目地の中心に線を引く。始点を決めた後「Shift」キーを押しながら終点をクリック203-ガイド線とかぶせ

3.ガイド線に沿って縦目地を再現する
「縦目地」上の基準点を設定
ツールを「スタンプ」として、ブラシはボケた四角(ボケた円でも良い)、サイズを80pixとする。
四角のブラシは自作です、既定ではないと思います。ブラシ作成方法はこちら
1)基準点の作成
縦目地の基準とする所を「Ctrl」キーを押しながらクリック。スタンプはドラッグすると基準点が並行して動きますので、縦方向に余裕があるポイントを選ぶ方が良いと思います。204-ガイド線とかぶせ

2)ガイド線に沿って目地を再現
張り紙の下部の目地上をクリックして始点とし、「Shift」を押しながらガイド上で終点をクリック。
(始点終点間が基準点の許容範囲を超えると張り紙部分が貼り付けられてしまいます)205-ガイド線とかぶせ

206-ガイド線とかぶせ

始点は最初に設定した基準点となるので、先ほど終点とした付近を始点として更にガイド線上で縦目地を再現させてゆく。終わればガイド線レイヤーは非表示とする
207-ガイド線とかぶせ

3)目地以外の張り紙部分をスタンプで消す
208-ガイド線とかぶせ209-ガイド線とかぶせ

4)横目地を修正する
スタンプで消していると、不器用な私は、残すべき横目地にスタンプしてしまうことが多々あります。
こんな場合でも、最初に作った「横目地」レイヤーを表示させるときれいに横目地が再現できます。
210-ガイド線とかぶせ

広告
カテゴリー: GIMP タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中