GIMP、レイヤーマスクとチャンネルを含んだ選択範囲から新しいレイヤーを作るには

レイヤーマスクやチャンネルに属しているので,フローティング選択領域から新しいレイヤーは作成できません
1-not貼り付け
選択範囲を作成して、コピー&貼り付けで新しいレイヤーを作成しようとすると、上記の画面がでて新しいレイヤーにできない場合があります。できない場合の例と対処法を書いてみます。

紅葉の写真(良い例ではないが)から紅葉部分のみを新しいレイヤーにすることを例とします。

元絵
元絵-紅葉-3DSCF6144サンプル画像はここから
新しいレイヤー
選択貼り付け

【レイヤーマスクが原因の場合】
選択方法は白のマスクを追加して、水面の白い反射部分などの部分を黒く塗り、白い部分を隠して、色域選択などで紅葉を選択しました(黒い部分を選択、選択範囲を反転)。
この状態で、コピー貼り付けで新しいレイヤーを作ろうとしてもマスクが含まれているので、新しいレイヤーを作ることはできません。2-not貼り付け

(対処方法)
このレイヤーから新しいレイヤーを作ろうと思えば、必要な部分のみを表示させ、
メニューの「レイヤー」→「可視部分をレイヤーに」とします。
そして出来た「可視部分コピー」レイヤーで、コピー貼り付けを行えば、新しいレイヤーとなります。
3-not貼り付け

【チャンネルが原因の場合】
(事例1)
選択範囲の作成において、チャンネルを利用すると簡単にできる場合があります。
この写真では「赤色」が特徴的ですので、赤チャンネルを複製してコピーを作り表示させる(目玉)と紅葉がより際立つ画像となります。
5-not貼り付け

この画像を「色域選択」で紅葉外を選択、反転。コピー貼り付けをしても新しいレイヤーとできないことがあります。
4-not貼り付け

(対処方法)
この場合は、レイヤーを選択して行えば新レイヤーが作れます。
レイヤーダイアログで大元の写真レイヤーをクリックして選択して、普通どおりにコピー貼り付けで新しいレイヤーとなります。
8-not貼り付け

15-not貼り付け

(事例2)選択範囲をチャンネルに保存の例
選択範囲作成にチャンネルを使わない場合でも発生します。
後で選択範囲を使うなどの理由で、選択範囲をチャンネルに保存することがあります。この場合も、チャンネルが選ばれた状態では新レイヤーが作れません。
元のレイヤーを選んでから、コピー貼り付けを行えば新レイヤーとして作成できます。
1)選択範囲をチャンネルに保存
1-ch保存

2)このままコピー貼り付けを行っても新レイヤーとできない場合がある2-ch保存

(対処方法)
レイヤーダイアログを選び、元のレイヤーをクリックして(選んで)コピー貼り付けを行うと新レイヤーが作成できる
3-ch保存

カテゴリー: GIMP タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中