MS Office 2013、ファイル内検索機能

ワード、エクセル、パワーポイントはファイル内の文字列を検索表示することができます。長いファイル(文章)などで、特定の語句のある所を確認するのにとても便利です。また検索して一括別の言葉に変えることもできます(例えば「Word」の文字を「ワード」に変えるなど)。
オフィス2013のファイル内検索機能を試して見ましょう。

【ワード】
1.検索ボックス(ナビゲーションウインドウ)を表示させる
ホームタブで「検索」をクリック、ドロップダウン表示されたメニューで「検索」をクリック。ナビゲーションウインドウ(検索用ウインドウ)が表示される。
1-ワードファイル内検索

2.ファイル内の文字列を検索・表示
検索窓に検索する文字列を入力(ここでは「個人設定」)し、確定するとファイル内に存在する当該文字列の数が表示され、文字列がある最初の処が表示される。
2-ワードファイル内検索

参考
ナビゲーションウインドウはリボンの「表示」からも開くことができます。
3-ワードファイル内検索Randomあ

【エクセル】
エクセルでも同じようにファイル内の文字列が検索できます。フィルター機能を使えば列ごとの検索できますが、全列(全データ)で検索できますので、特定の文字列をセル単位で検索するのに便利です。なお使用した名簿ファイルはMS Office2013用アプリ、「Random Data Genarator」で作成した架空のファイルです。
1.検索画面を表示
「ホーム」リボンから「検索と選択」をクリックすると「検索と置換」画面が開きます
4-エクセルファイル内検索

2.検索・表示
「検索する文字列」に検索文字を入力し、「次を検索」をクリックすると(ここでは「山形県」と入力した)、入力した文字列のあるセルが表示されます。
5-エクセルファイル内検索

以下順次、「次を検索」をクリックする毎に「山形県」の文字が含まれるセルが表示される
6-エクセルファイル内検索

【パワーポイント】
パワーポイントにおいても文字列を検索し、その場所を表示します。
スライド画面だけでなく「ノート」に記載した文字列も検索されるので、たいへん便利です。もちろん写真や画像として表示されている文字列は検索されません。
1.検索画面を表示
「ホーム」リボンの「検索」をクリックすると、検索画面が開きます。
7-PPファイル内検索

2.検索表示
「検索する文字列」に検索する文字を入力(ここでは「露出」とした)し、次を「検索」をクリック。
文字列のあるスライドが表示され、文字列が強調表示される
8-PPファイル内検索

「次を検索」で順次表示される
9-PPファイル内検索

なお、検索はスライド画面だけでなく、「ノート」の記事にも及んでおり、同様にノートの記事中のものも検索される。
10-PPファイル内検索

すべての内容の検索が終わると、検索の終わりが表示される
11-PPファイル内検索

カテゴリー: エクセル, ワード, Office(オフィス), PowerPoint タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中