GIMPフォトレタッチ、暗い部分を目立たせる

写真を写す時、照明が調整できればきれいに写すことができます。
しかし多くの場合、照明や光の状態は変えることができません。また写した後で不具合に気が付くことも多い(私の場合です “(-“”-)” )。
失敗した写真をGIMPフォトレタッチ機能で修正してみます(サンプル画像はここから)。フォトレタッチ例 (1949x2000)

【場所を限って明るく見せる】
画面右側は影となっていたため、かなり暗くなっています。子供の写真をきれいに修正します。

1.修整する写真を読み込み、レイヤーを3枚複写する
レイヤーを右クリック、表示されたドロップダウンメニューから「レイヤーの複製」をクリック
1-元絵2-レイヤー複写
レイヤーを右クリック、表示されたドロップダウンメニューから「レイヤー名の変更」をクリック。
「メイヤー名の変更」画面でレイヤー名を「複写1」と入力。
3-レイヤー名変更

複写したレイヤー名をそれぞれ「複写1」「複写2」「複写3」とする
レイヤー完成、位置関係を連結する(すべてのレイヤーに鎖マークを付ける)
4-レイヤー複写完了

2.複写した各レイヤーにレイヤーマスクを追加する
「複写1」レイヤーを右クリック、表示されたドロップダウンメニューから「レイヤーマスクの追加」をクリック。
表示された「レイヤーマスクを追加」画面で、「完全透明(黒)」にチェックを入れ「追加」
5-レイヤーマスク

レイヤーマスクが追加された
6-レイヤーマスク

複写してすべてのレイヤーにレイヤーマスクを追加する
7-レイヤーマスク

3.複写したレイヤーのレイヤーモードを設定する
「複写1」を選択し、「標準」となっているモード欄の右側下向き三角「▼」をクリック、プルダウンメニューから「スクリーン」をクリック選択
8-レイヤーマスク9-レイヤーマスク

複写した各レイヤーのレイヤーモードは、
複写1」は「スクリーン」とする。「複写2」は「オーバーレイ」、「複写3」は「加算

4.「複写1」のレイヤーマスクをブラシ(白)で塗り明るく
「複写1」レイヤーのレイヤーマスクをクリックして選択、ブラシで子供の部分を塗り、明るくする。
ツールボックスから「ブラシ」、色は「白」、ブラシの形状は一番ぼやけた円とし、ブラシサイズを適当に選んで(ここでは160程度)、顔、服と塗り明るく表示させる10-レイヤーマスク

11-レイヤーマスク12-レイヤーマスク

5.「複写2」のレイヤーマスクをブラシ(白)で塗りコントラストを付ける
「複写2」レイヤーのレイヤーマスクをクリックして選択、ブラシで子供の部分を塗り、コントラストを付ける。
13-レイヤーマスク14-レイヤーマスク

6.「複写3」のレイヤーマスクをブラシ(白)で塗り、全体的に明るくする
「複写3」レイヤーのレイヤーマスクをクリックして選択、ブラシで子供の部分を塗り、全体的に明るくする
16-レイヤーマスク17-レイヤーマスク

完成
18-完成

五月人形完成(画面左側の人形もレイヤーマスクで加工しています)

広告
カテゴリー: GIMP, 写真 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中