GIMP基礎(3)、画像を遠近感をもたして貼り付ける

GIMP基礎として、今回は壁などに遠近感をもたせて写真を貼り付けてみます。畏れ多くも勝手に国宝の写真を使わせていただきました。完成写真はこんな感じです。
私のマンションは美術館


では、作成を開始しましょうサンプル写真はこちらから

1.原画をGIMPで開き、画像を貼り付ける位置にガイド線を表示させる
(ガイド線は縦横それぞれのルーラーからドラッグして入れます)1-がいど線

2.貼り付ける画像をレイヤーとして読み込む
「ファイル」→「レイヤーとして開く」とし、開いたエクスプローラ画面でカキツバタ図を選び「開く」
2-レイヤーで開く

3.画像を貼り付け位置に合わせ変形
ツールボックスの「遠近法」を選ぶ。画像をクリックして、画像の隅をガイド線で表示している所へ合わせる。
3-画像変形

四隅とも画像位置に合わせる。
隅を動かすと他の隅へ影響を与えるので、繰り返し合わせる。表示倍率を上げ、表示位置を調整して作業する。四隅を貼り付け位置に合わせたら「変形」をクリック4-画像変形

できた
5-画像変形

4.貼り付けた画像の修整
貼り付けた画像の「明るさ・コントラスト」、「色」などを変え、また必要なら「ぼかし」を加えるなどして全体の状況に馴染ませる(ここでは彩度を少し落としました)
6-画像修整

完成
完成

広告
カテゴリー: GIMP タグ: パーマリンク

GIMP基礎(3)、画像を遠近感をもたして貼り付ける への2件のフィードバック

  1. Isoo Nishino より:

    GIMPの写真編集はいつも興味を持って拝見しております。私もここでパソコンを入れ替え(Dell→Epson)画像処理能力も強化したので、新しいソフトを入れようと思っています。
    井上さんの情報でGIMPをと思っていますが、なかなか難しそうですね。解説本などはあるのでしょうか?

    いいね

  2. 井上哲朗 より:

    たくさん出ています。GIMPは役に立つと思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中