iPad を持出しのフォトビューアに

iPad は9.7インチのディスプレイですが高精細度です。
解像度は2048×1536ピクセルありますので、普通のノートパソコンの一般的な解像度、1366ピクセルを大きく超えています。(ノートパソコンでも1920ピクセルを超えるものもありますが高価です)。
外でお友達に写真を見せるには、iPad に写真を取り込んで持ち運べば、印画紙にプリントしたりパソコンまたはUSBで持ち運ぶより、簡単でより良い状態で写真を見てもらうことができます。コラージュー1

iPad で写真を共有する方法はたくさんあります。 iCloud、iTunesなど iPad 系の同期を使う方法と OneDrive、DropBoxなどクラウドを使う方法があります( iCloud はクラウドサービスで、パソコンでも容易に使えます)。
しかしパソコンの使用が主流の人なら、使い易さからいって OneDrive か DropBox が良いと思います(インターネット環境が必要ですが、、、)

【 OneDrive で写真を共有 】
1.iPad へOneDrive アプリをインストールする 20-iPadへOneDrive—既にインストール済なら不要です

 

iPad のアプリストアから「OneDrive」で検索し、インストール(開く)。無料です。

 

 

 

インストールが完了すると、スタート画面にOneDrive アプリが表示されます
(画面ではクラウドサービスがまとめて表示されてますが、最初はOneDriveアプリが単独で表示されます)

28-iPadへOneDrive29-iPadへOneDrive

2.パソコンから写真を OneDrive へアップロードする
OneDrive フォルダへ写真をドラッグ&ドロップするだけです。
ここでは「庭は春の装い」というフォルダをOneDrive の「画像」フォルダへ上げました。4-iPadへ写真を送る

アップロード中のマークが表示されます
5-iPadへ写真を送る

アップロードが終わったらフォルダを開いて確認しましょう。6枚の写真があります。
6-iPadへ写真を送る

3.iPad でOneDrive の写真を見る
iPad のスタート画面から OneDrive を開く。そして写真を入れたフォルダ(ここでは「画像」)をタップしてフォルダを開く。
21-iPadへOneDrive 22-iPadへOneDrive

画像フォルダが開いた(6枚の写真がある)
23-iPadへOneDrive
タップして、みたい写真を開く
24-iPadへOneDrive

<ご参考>
iCloud をパソコンにインストールすると iPad とパソコンで写真などを共有することができます。

30-iPadへOneDrive

パソコンの画像を iPad と共有(パソコンへの iCloud インストールが必要。無料)
「 iCloud フォト」フォルダ経由の共有となります。
1)iPad で写した写真は「自分のフォトストリーム」で見れますし、パソコンへ取り込むことができます
2)パソコンから「自分のフォトストリーム」へ写真を追加すれば iPad で見ることができます
エクスプローラで iCloud フォトを開くと iPad の写真が見れます。1-iPad

iPad 「自分のフォトストリーム」へ写真の追加
「自分のフォトストリーム」を右クリックすると「写真を追加」が表示されるので、これをクリック。
エクスプローラ画面が開くので、iPad で見たい写真のあるフォルダを開き該当の写真を選び「開く」とする。すぐには同期されません!
急ぐときは iCloud を「サインアウト」して、更にサインインする。これで同期が完了する。
(パソコンを再起動しさせても同期します)2-iPadへ写真を送る

広告
カテゴリー: iPad, OneDrive, 写真 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中