GIMP、簡単なアニメーションの作成(対話的歪み)

GIMPではアニメーションはフィルター機能でも簡単に作ることができます。
ここではフィルターの「対話的歪み」を使って簡単なアニメーションを作ってみましょう。
<スイカの呼吸>ああああああああああああああああ私ってチョット変?>
新鮮なスイカ2007 otafukuさん

1.読み込んだ画像を縮小
アニメーションはあまり大きな画像では扱いにくいので、長辺が最大でも600ピクセル以下になるように縮小しましょう。ここでは横幅を400ピクセルとしました。
0-対話的歪め

2.「対話的歪み」を付加する
1)「対話的歪み」の設定画面を開く
メニューの「フィルタ」→「変形」→「対話的歪み」をクリック、「対話的歪み」画面を開く3-対話的歪め

2)「対話的歪み」を設定「設定」タブで、歪めのモードは「広げる」として、歪める半径と歪める量を設定。ここでは「40」と「0.3」とした(広げたい画面により適宜設定)。
4-対話的歪め

歪める中心をクリックして歪める。
この画面の場合はスイカを拡大するので、スイカ切り口内をクリックしてゆく。なお途中で拙いと思ったら「リセット」で初期状態へ戻してやり直す。
5-対話的歪めなお、動画にするのではなく、スイカを大きくするだけなら「OK」をクリックすれば良い

3.「対話的歪み」をアニメーション化する
タブを「動画化」にして、「動画の作成」にチェックを入れ、フレーム数を設定(ここでは12枚にした)、拡大縮小を繰り返すように「ポンポン」にチェックを入れる。「OK」をクリックすると動画化が始まる。6-対話的歪め

アニメーション用にレイヤーが作成された
14-対話的歪め

4.アニメーション作成
1)アニメーションの確認
メニューから「フィルタ」→「アニメーション」→「再生」と進んで、アニメ再生画面を開き、再生して動作を確認する。再生画面は使わないので、画面右上隅の「×」で消す
8-対話的歪め

2)GIF 用最適化を行う
アニメーションでは多数のレイヤーが使われるのでファイル容量が大きくなります。このため各レイヤー(フレーム)で共通部分を除去するなどしてファイル容量を減らすことが考えられます。これを行うのが「GIF 用最適化」です。各フレームは結合( conbine )となります(一方、 replace という置き換えもありますが、、、)。
メニューから「フィルタ」→「アニメーション」→「GIF 最適化」
9-対話的歪め11-対話的歪め「再生」画面を出してアニメーションのチェックを行う。終われば画面右上の「×」で消す。
10-対話的歪め

5.GIF ファイル(アニメーション)として保存
1)GIF形式でエクスポート
メニューから「ファイル」→名前を付けてエクスポート」。
開いたエクスポート画面で、ファイルの形式を「 GIF 」に③④、保存先を決めて
ファイル名を記入し、エクスポート。画像をエクスポート:GIF 形式画面が開く。
12-対話的歪め

2)アニメーションのGIFファイルでエクスポート
開いたエクスポート画面で、「アニメーションとしてエクスポート」にチェックを入れ、「エクスポート」
13-対話的歪め

完成
スイカの息

広告
カテゴリー: アニメーション, GIMP タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中