Googleフォトで写真を保存(3)— バックアップ元フォルダを変更する

Google フォトでは、バックアップしているフォルダをいつでも変更できます。
バックしているフォルダを変更、取消を行っても既にアップロードされた写真が Google フォト消えることはありません(Googleフォトから個別操作により消すことはできます)。
バックアップを自動的に行っているのは、「 Google Photos Backup 」というアプリですので、バックアップ元フォルダの変更などはこのアプリから行います。アプリはタスクトレイ(通知領域)に表示されています。
タスクトレイにフォトバックアップ アプリが見えないときは、常時表示するようにしてください(通常は不要なものですので、用が済めば非表示にしてタスクトレイをすっきりしておくのも良いと思います)。

【バックアップ元フォルダを変更する】

1.Google Photos Backup アプリをタスクトレイ(通知領域)に表示させる
タスクトレイにある横向き三角「 ▶ 」をクリック、表示された「カスタム」を更にクリック。
Google Photos Backupアイコンを常時表示とする。
アイコン表示非表示

2.Google Photos Backup アプリの設定を開く
タスクトレイのGoogle Photos Backup アイコンをクリックし、表示されたメニューから「設定」をクリック。
「設定 Google フォト バックアップ」画面が開きます
バックアップ元設定-1

3.バックアップ元フォルダを追加する
ここではデスクトップにある「図書館」フォルダを追加してみます。
上記の作業で表示された「設定 Google フォト バックアップ」画面で「追加」をクリック、「フォルダの参照」画面が表示されるので、デスクトップにある「図書館」フォルダを選び、「OK」
バックアップ元設定-2

バックアップ元に「図書館」フォルダが表示された。「OK」
バックアップ元設定-3

※ フォルダのバックアップをやめる
バックアップを止めるフォルダ(ここでは「図書館」フォルダ)のチェックを外して「OK」とする。下図参照
バックアップ元設定-4

広告
カテゴリー: Google Chrome, Googleフォト, Internet, 写真 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中