GIMP、シャボン玉への画像の映り込み

大きなシャボン玉の作成ブログで、映り込み部分を省略したので、続きを書いてみます(右の状態から左のように映り込みを入れます)。hikaku

映り込みはシャボン玉の表面に映ると思うが(シャボン玉の中に画像があるようにする方が良いのかも)なかなか感じが出せません。


1.映り込み画像を凸面鏡で見たように歪める
映り込ませる画像を開き、メニューの「フィルタ」→「変形」→「対話的歪め」。
開いた歪めの画面で、「設定」タブを選び、歪めモードは「広げる」、この写真の場合は(590×415)歪める半径250、歪める量を0.5として、歪ませる場所をクリック、複数回クリックすると歪みが大きくなる。イメージに合わなければ「リセット」で元に戻し、歪める半径や量を変えて試してみる。ほぼイメージ通りになったら「OK」して確定。保存。
11-映り込み

12-映り込み(更に加工してカメラマンの背景の色・コントラストなどを薄くした方が良いと思う)

2.レイヤーとして映り込み画像を読み込む
前のブログのファイルをGIMPで開き、歪ませた映り込み画像をレイヤーとして読み込む
1-映り込み2-映り込み

3.映り込み映像のサイズ、位置を設定
ツールの「拡大・縮小」を選び、追加したレイヤーの画像を映り込みイメージの大きさ/場所を整える3-映り込み

レイヤー名を「映り込み」として、不要なレイヤーは削除する
4-映り込み5-映り込み

4.映像の範囲を映り込みを整える
レイヤー「映り込み」に黒のレイヤーマスクを追加し、映り込み画像を見えなくして、白ブラシで映り込む範囲を徐々に表示してゆく。
56-映り込み

ブラシは一番ぼやけたものとし、ブラシサイズは小さ過ぎない大きさとする。
最初、映り込み中心部は100%の白で塗って、シャボン玉表面に表示する感じとした。7-映り込み

周辺部はブラシの透明度を50%程度してシャボン玉が少し透けて見えるようにしてみた。
8-映り込み9-映り込み

5.映り込み映像の画像調整
それとなく感じを出すため映り込んでいる画像のコントラストや彩度を下げてみた
<彩度を下げた>
30-映り込み31-映り込み

<コントラストも少し下げてみた>
57-映り込み

完成(最初の方(下)が良かった)
シャボン玉大ほぼ完成-3

21-niji

 

広告
カテゴリー: GIMP, 写真 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中