Windows10、Adobe Flash PlayerはEdgeの基本機能?

このブログではAdobe Flash Player のことと読み取りビューの表示文字設定について書きました。
なお、Edge本体の表示フォントを変えることができるのか、IEやGoogle Chrome ではできるが Edge でもできるのか、はわかりません。

Adobe Flash Player を使用する
Edge で Scratch (小中学生用プログラミングアプリ)を開いたら、
「Oh Noes!・・・」と云われて作品が動作しませんでした。Flash Player が必要とのこと。IEや Google Chrome ではOKなのに、、、。
1-FlashPlayer

調べたら Edge の設定の中に Adobe Flah Player を使う設定がありました。
Edge画面の右上端の横三点「…」をクリック、表示されたメニューで「設定」
2-FlashPlayer

表示された設定画面から「詳細設定を表示」をクリック
3-FlashPlayer

「Adobe Flah Player を使う」をオンにする
4-FlashPlayer

これでEdgeを再起動するとOK、Scratch(小中学生用プログラミングアプリ)も動くようになりました。5-FlashPlayer

 

読み取りビューの文字サイズを変える
読み取りビューはホームページから余計な装飾などを除いて、画像と文字だけで本文を表示する機能で、読み取りが設定されているホームページは効率的に内容を知ることができます。
10-FlashPlayer

また、文字や背景などを変更して読みやすくできます(私は普通の白地に黒い文字でサイズは「大」にしています)

Edge画面の右上端の横三点「…」をクリック、表示された「設定」メニューで「読み取り」のスタイルとフォントサイズで好みの設定とできます。
11-FlashPlayer

広告
カテゴリー: Edge, Windows10 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中