Windows10、仮想デスクトップ(タスクビュー)を使ってみました

Windows10の仮想デスクトップは、あたかもデスクトップ画面が複数あるような使い方ができる優れものです。各アプリを別々のデスクトップで開いておくことにより、アプリ画面(ウインドウ)を重なることなく開くことができます。複数のアプリを切り替えながら作業をする場合に役立つ道具と思います。
具体的にはワードで文書を作りながら、別デスクトップに開いているメールを確認するとか、SNSの記事を確認するなどが仮想のデスクトップを切り替えるだけで済みます。Webサイトのデータを参照しながら資料を作成するなど、頻繁に画面を切り替える必要のある作業に大いに役立つと思います。実際の作業例を動画にしてみました。
実際の作業はタスクビューを開くことなくできますが、この動画ではいちいちタスクビューを使って作業している例です
(タスクビューを開かず行う作業例の動画はブログの終わりにあります)

 

【仮想デスクトタスクビュー】
1.仮想デスクトップ切替
タスクトレイにあるタスクビューをクリックすると画面下部に開いている仮想デスクトップが表示される(仮想デスクトップが開いてなければ何も表示されない)。
カーソルがおかれた仮想デスクトップで開いているアプリが中央画面に表示される。表示された画面をクリックするとクリックされた画面のアプリ開く

1-タスクビュー[3]

2-タスクビュー3-タスクビュー

2.新しいデスクトップの作成
新しいデスクトップはいろんな方法で作成できます。
1)タスクビューをクリックして、画面右下に表示される「+ 新しいデスクトップ」を
クリックして開く( 「Windows」キー+「Ctrl」+「D」 でも開けます)4-タスクビュー

5-タスクビュー

2)既に開いているアプリを新しいデスクトップへ移動して開く
タスクビュー画面で移動させるアプリを右クリック、表示されたメニューで「移動」→「新しいデスクトップ」。
なお単純にアプリを開いているデスクトップへ移動することもできる

6-タスクビューデスクトップ3が新たに作成され、そこへアプリが移動した
7-タスクビュー

3.仮想デスクトップを消しても開いているアプリは閉じない
デスクトップを消すと、そのデスクトップで開いているアプリは隣りのデスクトップへ移動します。アプリが同時に閉じられることはありません。
8-タスクビュー

9-タスクビュー

4.仮想デスクトップをタスクバーから切り替える
いちいちタスクビューを開くより、タスクバーから異なるデスクトップのアプリを開く方が操作性ははるかに良いと思います。システムのマルチタスクの設定を変えると他のデスクトップで開いているアプリもすべて「タスクバー」に表示されます。
既定ではそのタスクバ-の表示は、そのデスクトップで開いているアプリだけが開いていると表示されます(下図参照)
101-タスクビュー

「設定」から「システム」→「マルチタスク」と開いて、全部の仮想デスクトップで開いているアプリを表示させます。
103-タスクビュー

この状態とすると開いている全部のアプリが、すべての仮想デスクトップに表示されます
104-タスクビュー

105-タスクビュー

これで、タスクビューを開かなくても仮想デスクトップのアプリを開き作業ができます

広告
カテゴリー: Windows10 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中