パソコンの内臓電池を取り換えた

2010年9月に購入したデスクトップパソコン、最近起動時に時計が狂っており(前日の夜になっている)時計合わせをしなければなりませんでした。
5年が電池の寿命かどうか知りませんが、現象から多分内臓の電池が消耗したのだろうと思い、交換を行いました。3回のテスト起動では時計もOKだったのでうまくいったと思います。
0-battery1-battery

幸い電池は一般的な市販の水銀電池でした。
5-battery

狭い所で手が入りにくく作業しにくかったです。外すときは縦のままで行いましたが、取り付けは横に寝せた方がやり易いと思いました。
また、金属製の工具は静電気・その他故障を誘発すると思ったので、手と鉛筆の研いだ先で行いました(爪が伸びておれば、鉛筆は不要かも)。体の静電気にも注意が必要と思います。水道の蛇口に触ったけど、最近の水道管は金属ではないと思い直し、洗濯機のアースに触て、裸足でペタペタと歩いて来て作業を始めました。
2-battery

3-battery

4-battery

広告
カテゴリー: 内臓電池 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中