エクセル、血圧管理グラフ(株価チャート? OR 積み上げ縦棒?)

血圧測定データをグラフにしてみました。
最近、ある知り合いが「右手がしびれた」と言って脳神経外科を受診した。CTやレントゲンやMRIを撮ったが異常はなかった(しびれも前日の一日のみで治った)。しかし別の大問題?が発生。
医師、「異常はありません。しかし別の問題があります、4mm程度の小さな動脈瘤があります。動脈瘤自体は小さいので半年後に変化を見れば良いでしょう。しかし血圧には十分気を配って生活するように、、、、」。
知り合いは「動脈瘤がどんどん大きくなって破裂!するかもしれない」と心配し熟睡できない。この日を境に血圧が急上昇。掛かり付けの医師から血圧降下剤をもらったが下がらない、ますます心配、、、。
再度、掛かり付けの医師に相談、「精神的なものは降下剤では効かない、精神安定剤を、、、」、これでようやく落ち着いた、良かった。私も、血圧データの変化をグラフにし、見やすくすることで応援することにしました。

株価チャート図では管理値線の表示ができませんでした。管理値線を表示するため積み上げ縦棒図でも作成してみました
0-Maxmin

 

【株価チャート図での作成】
最高と最低のデータを取り扱うので、「株価チャート図で一発だ!」と思ったんですが、私の知恵では管理線(140、90)の線が入れられない。第2軸は脈拍値のために使うので、数値的に140の線はグラフ外となってしまいます。
ここで使ったデーターはダミーです。血圧測定値、脈拍数は乱数で適当に作成しました。株価チャート図では中間値データが必要ですが、これは「(最高+最低)/2」として作りました。
1.株価チャートグラフを使う
使用するデータ(年月日、最高、最低、中間)範囲を選択して、リボンの「挿入」から「グラフ(すべてのグラフを表示)」→グラフ挿入画面で「すべてのグラフ」タブ→「株価」→「株価チャート」
10-Maxmin

グラフが作成される
11-Maxmin

2.脈拍データをグラフに追加
脈拍データを選択コピー、次にグラフを選択して貼り付け12-Maxmin

脈拍のデータがグラフのデータ範囲に追加された
13-Maxmin

3.脈拍データを第2軸で表示
脈拍データを第2軸で表示させ、わかり易くするため脈拍のデータをマーカーだけにして色も変える
14-Maxmin

4.縦軸の表示範囲をデーター範囲に設定
第1、第2縦軸の表示範囲をグラフが見易くなるように設定する。
しかし最高、最低血圧の管理線は第2軸を脈拍で使用するので表示できない15-Maxmin

5.グラフの書式やタイトルなど設定
見栄えよくグラフを設定する。特に意味はないけどグラフにグラデーションを持たせてみた。
16-Maxmin

 

【積み上げ縦棒グラフで作成】
グラフスケール(目盛り)を第1軸で共有するため、積み上げ縦棒グラフで作成
1.積み上げ縦棒グラフを使う
グラフは積み上げで表示されるため、最高血圧から最低血圧を引いた値(最高ー最低)をデータに追加する。
そして年月日、最低、最高ー最低の三つのデータ範囲を選択し、リボンの「挿入」から「グラフ(すべてのグラフを表示)」→グラフ挿入画面で「すべてのグラフ」タブ→「縦棒」→「積み上げ縦棒」を選ぶ
30-Maxmin

積み上げ縦棒グラフが表示される
31-Maxmin

2.最低データ部分を非表示にする
最低データをデータ系列の書式設定で「塗りつぶしなし」として見えなくする32-Maxmin

グラフが作成される
33-Maxmin

3.脈拍、上下の管理値線を追加
株価チャートで行たようにグラフに脈拍、上下の管理値線データを追加し、脈拍を第2軸で表示させる。グラフの書式を整えて完成させる
1-Maxmin

完成(印刷)
image

広告
カテゴリー: エクセル, Office(オフィス) タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中