Windows10、日本語版Cortana(コルタナ)が使えるようになった

昨日(17日)、Windows10のバージョンアップ(メジャーアップデートとか、、、)を行いました。
日本語の音声認識機能 Cortana(コルタナ)が組み込まれたのが最大の変更点です。アップデートには1時間半を超える長時間を要しました(Windows10にしたときと同じくらいの時間がかかりました、2台更新したので草臥れた)。
302-設定

音声の認識能力は iPad の Siri さんと殆ど変わらず完成度は高いと思います。しかし対応は限られており、認識した音声から、Bing 検索して検索結果を表示する程度と感じました、まだまだと思います(天気予報などはちゃんと音声でも教えてくれますが、、、)。Siri さんは「好きだよ」とか「愛してるよ」にも一応対応してくれます。

1.Cortana (コルタナ)
タスクバーの今までの検索マーク(虫眼鏡)が、コルタナ(円)になっています。コルタナをクリックするとニュースや天気予報など表示されます(アップデート後、最初にコルタナをクリックした場合は、説明や設定画面がでます)。
従来通り、検索入力窓はキーボードから入力して検索ができます。この場合はパソコンアプリ、ファイルからWebサイトまでの検索が行われます。マイクロホンマークをクリックすると音声入力待ちとなります。音声検索は時間や天気予報など予め設定した事項を除き、Bing による検索が行われるようです。10-cortana

キーボードからの検索       音声検索
3-cortana4-cortana

検索を動画にしてみました(下図をクリック)
キャプチャ

2.スタート画面、タスクビュー
1)スタート画面
スタート画面は中タイルなら4個並べられるようになりました。
従来画面(ノートPC)          現在の画面(デスクトップ)
100-start103-start

4個にするには設定が必要です。
「設定」→「パーソナル設定」→「スタート」と進み、「タイル数を増やす」をクリックしてオンとします。
101-start

タイルを右クリックしての設定も多少変更されています。
ファイルの場所を開いたり、アンインストールもできます。
6-cortana

2)タスクビュー
タスクビューからの操作で、仮想デスクトップ間の移動のほか、画面操作のスナップ機能やアプリ終了操作が追加されています。
107-start

3)2画面でのスナップ動作
2画面化した場合、第二画面のタスクバーが第一画面で設定した「左」に表示されるようになり画面を分断するので「いやだなあ」と思っていたが、良い面もあった。ウィンドウを左や右の端にドラッグするとスナップされきれいに半分の画面となる。これは便利。
2画面でもスナップができる

3.アクションセンター
コントロールパネルで行ったいた設定が一部アクションセンターへ移ってます。
アプリのアンインストールやマルチディスプレイ設定(プロジェクターへの表示や2画面化拡張など)がアクションセンターからできるようになりました。
1)アプリのアンインストール
「設定」→「システム」→「アプリと機能」でインストールしているアプリを表示させ、アンインストールするアプリをクリックして、アンインストールできる
105-start

2)アプリのインストール先を設定する
アプリのインストール先をCディスク以外に設定できます。SSDがメインメモリーのパソコンなどではメインメモリーの制限を気にすることなく使えるので便利と思います。
「設定」→「システム」→「ストレージ」からインストール先を設定できます
301-設定

3)表示先の設定
表示画面の2画面化やプロジェクターへの接続のための切り替えがアクションセンターからできます。アクションセンターで表示されるクイックアクセスに「表示」が追加されました。ここを選べば画面の切り替えができます。
106-start

4)タスクバージャンプリストの変更(どのファイルを開いたかを他の人に知られないようにする)
ジャンプリストに「最近開いた項目」を非表示にもできるようになりました。
「設定」→「パーソナル設定」→「スタート」と進み、ジャンプリストの表示を「オフ」とします。
108-start

【その他】
感じとしては、Windows10はまだ完成の域にない。来年7月までの無償アップデート終了までに更にアップデートが続くのではないだろうか。
Windows10の既定のブラウザである Edge は、「お気に入り」や「リーディングリスト」の同期ができてない(私のデスクトップとノートパソコン間では同じにならない)。
しかしマイクロソフトはWindows10への移行をかなり強引に進めている感じがします
今後、Windows10を予約するとすぐにアップグレードが開始されるようになるとか、Windows10へのアップグレイドを「推奨される更新プログラム」とするらしいです。Windows8や7の方で、しばらく様子を見ようという人は注意が必要と思います。
勝手に更新されないように、「アップデートの自動更新」をやめて、面倒ですが手動でのアップデートに切り替えた方が良いのではと思います。

カテゴリー: Windows10 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中