Google フォトの検索機能は便利(Googleフォト-その6)

Googleフォト、私にとっては大変便利な写真検索道具です。過去に撮った写真をAI(人工知能)技術で探してくれます。
ブログに使いたい写真などで「確かあんな写真があったんだけど、何時写したかも憶えてないが、、、」と言うようなとき、素早く探せます。
(個人で使う)DVDのタイトル写真などを探すときGoogle 画像検索で探すのと同じように、自分のパソコン内の写真が探せます。
Google 画像検索(インターネット)        Googleフォト検索(自分のパソコン内の写真)
30-フォト検索31-フォト検索

Googleフォトについては、既に5回にわたり、アプリのインストールiPadでの使用自動でアップロードさせるフォルダの変更検索共有について書いてきましたが、再度検索について書いてみます

1.Googleフォトを開く — ご自分の写真を見るわけですからログインが必要です
Googleフォトのアプリをインストールすると便利です。タスクバー若しくはスタート画面の「四色風車」アイコンをクリックするとWeb上のGoogleフォトサイトが開きます。
1-フォト検索

2.検索画面を開く
Googleフォトを開くと「フォト」(全部の写真を表示)メニューとなっています。画面上部の検索窓にカーソルを置くと、検索画面となります。
21-フォト検索
検索窓に文字を入力すると写真の検索が始まります。もちろん、ファイル名があればファイル名も、またSNSの「Google+」で投稿していた場合は投稿した文も検索の対象となります(例:・・・バラには似ても似つかない・・・という投稿であればダリアの写真であっても「バラ」の検索からでも選ばれます)

1)バラで検索
2-フォト検索 3-フォト検索

2)スイカ、虹で検索
スイカ                  虹
22-フォト検索 20-フォト検索

3)福岡で検索 —(Google+への投稿文)
「福岡」で検索してみました。大濠公園、福岡城(舞鶴城)公園、櫛田神社、飾り山笠、ランドマーク的な建物の写真が検索されました。なぜか「杏仁豆腐」「カラス」や「吉野ケ里公園」の写真も選ばれました。杏仁豆腐は私がGoogleプラスへ投稿したとき「・・・福岡・平和楼・・・」と書いていたためです(カラスも投稿。吉野ケ里はAIの勘違いかも、、、、)
23-フォト検索

「福岡市」と「市」を加えて検索してみました。案の定、杏仁豆腐は消えました。
24-フォト検索

4)写真からの検索
検索画面には、「人物」「場所」「物」「種類」などそれぞれ具体的な例が写真で示されていますので、この写真をクリックして検索が行えます。
40-フォト検索

「人物」から私とおぼしき写真をクリックして検索してみます。私の写っている写真が選ばれました。かなり不鮮明な写真もAIが総合的に判断して選んでいるようです。
4-フォト検索5-フォト検索

5)選択写真に名前を登録
選択画面の選択写真には名前を付けることができます。場所や物には、アプリのAIが判断してそれぞれ名前がついています。
41-フォト検索
「人物」では、さすがに名前はわからないようです。
「人物」で表示されている私の写真に名前を付けてみましょう。

人物の写真で検索すると「これは誰ですか」という表示が表示されます。
ここをクリックするとメールなどでよく使用されているアドレスの人が表示されますので、ここから該当者をクリックして登録することができます。
6-フォト検索7-フォト検索

ここでは名前を入力して登録してみました。
8-フォト検索

検索画面の「人物」に名前がついた
42-フォト検索

広告
カテゴリー: Google Chrome, Googleフォト, Internet タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中