GIMP、簡単フォトレタッチ(「きらめき」を加える)

12月はクリスマス、街はいろんなデコレーションで飾られます。最近はルミナリエなど電飾のイルミネイションが盛んですが、昔ながらのクリスマスツリーも定番として街をときめかせています。
GIMPでクリスマスツリーに「きらめき」を加えてみましょう。
下の写真はツリーをきらめかしたものです(レイヤーとレイヤーモード、レイヤーマスクを使って写真をイメージに合わせた後、ツリーをきらめかせています)。原画はここからダウンロードできます
32-きらめき完成

【きらめきを加える】
きらめきはある光度以上の明るさを所を更に星状に輝かせる機能です。
一般的にはきらめかせる範囲を選択して、ここでは左右のツリーやツリー最上部の星の部分を別々に選択して、それぞれ別の設定で「きらめき」を加えました。
1)ツリー最上部の星をきらめかせる
星の部分を選択し、メニューの「フィルタ」→「照明と投影」→「きらめき」と進み、きらめきを設定する。
設定画面の「光度しきい値」はきらめかせる明るさをの下限を決め、「フレア強度」から「乱数彩度」までの8項目できらめき方が決まります。光度を保持するのチェックは外しておき、色は自然色が一般的。
24-きらめき

2)ツリーをきらめかせる
ツリーの部分を自由選択で大まかに選択し、きらめきを設定する。背景などの明るい部分は選択範囲から外しておくのがそれらしく仕上げるコツ。
27-きらめき

完成(右側のツリーをもう少しきらめかした方が華やかで良かった)
完成きらめき

広告
カテゴリー: GIMP タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中