Windows10、メールアプリを試してみました(概要)

Windows10になって、メールや写真閲覧・加工アプリがストアアプリ(ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ)として新しくなりました。もちろん Windows Live Essentials の Live メールやフォトギャラリーはWindows10でも使えますので、Windows10にアップしてもこれらを使っている方は多いことと思います。

しかし Windows Live Essentials は2012年2月29日に更新されてから、4年間まったく更新されていません。マイクロソフトは Windows Live Essentials のサポートを止めるとはアナウンスしていませんので、まだ使い続けることはできます(ただ Writer だけは、昨年12月に「Open Windows Writer 」としてオープンソース化して、Windows Live Essentials から分離し、社内の別組織へ移しました)。

Windows10になって、「メール」でプロバイダーメールアカウントも使えますので、少なくとも新しくパソコンを始めた方などは、「メール」や「フォト」という新しいWindows10のアプリを使うようにされた方が良いと思います。使い易く簡単ですが、連絡先は「メール」にはなく「People」アプリであるなど、スマフォやタブレットとの連携を考慮した設計思想となっていますので、従来のメーラーに慣れている方には最初は戸惑いもあろうかと思います。
なおメールのヘビーユーザーの方は、MS-Office の Outlook など他のメーラーを使うのが良いかも知れません。
余談ですがフォト」も分かり易すく簡単です、Live フォトギャラリーの代わりに十分なると思います。
a

Windows10、「メール」アプリの概要を述べてみます

1-メール

1.「メール」の画面
基本的に Live メールと同じです。画面左側にアカウントやフォルダの画面があり、隣に選ばれたフォルダ(下の画面では受信フォルダ)内のメールが表示され、画面右側は選ばれたメールの本文が表示されます。
2-メール

1)メニュー
画面左上の三本線マーク、ハンバーグアイコンをクリックすることで、メニューをアイコン化したり、文字表示と切り替える
3-メール

2)メール本文表示
「フォト」ではメールを単独表示することにはしてません。常にアカウントやフォルダの画面、フォルダ内メール表示、メール本文が一体となっています。しかし画面サイズが小さいとメール本文のみの表示となります。この場合、画面左上隅の「←」をクリックするとメニューなどが表示されます。
4-メール5-メール

2.メールの送信
メールを送信するアカウントを選び、メニューの「+」、新規メールをクリックして行います。
15メール

メール作成は基本的に同じです。署名は自動的に挿入されます。宛先は「宛先」欄に苗字など送り先の一部を入力すれば、宛先候補が表示されるのでここから選びます。ここでは井上(Gmail)へ送信。
6-メール7-メール

画面右上隅の「送信」をクリックして送信
8-メール

3.メール受信
アカウントGmail へメールが届きました
9-メール

4.アドレス帳(連絡先)
「メール」アプリには連絡先はありません。アプリ「People」が連絡先として機能します。
「People」の連絡先はWebメール(Outlook.com や Gmail など)と連携してますので、従来のアドレス帳をWebメールへインポートすればそのまま「メール」アプリでの宛先として参照・設定できます。
10メール

5.「メール」アプリでできないこと
1)フォルダ作成
Windowsアプリメール上でのフォルダ作成・削除はできません。
各メールサービスで提供されているWEBメールからフォルダ作成を行ってください。
(Webメールで作ったフォルダは「メール」に自動的に作成されます)
2)メールの自動振り分け
  Windowsアプリメールにメールの自動振り分け機能はございません。
各メールサービスで提供されているWEBメールで自動振り分け機能が提供されている場合、WEBメールで設定を行うと「メール」にも反映します。
(Webメールで振り分け)
3)トレイの表示順
  送信/受信/下書きなど、日付(時間)の新しいアイテムごとの表示になります。逆順の設定はなし。
4)テキスト文の送信・受信ができません
 送信メールはすべてHTML形式となります。受信メールももすべてHTML形式で表示されます。
Windows10の「メール」では、HTML形式に潜ませたウィルスは完全除去できるので「TEXT形式での送信・受信は意味がない」とマイクロソフトが判断した結果と思います。
もちろん知らない人からの添付ファイルを開いたり、メール中のリンクをクリックするのは厳禁であることは変わりません。

6.「People」の表示
20-メール

21-メール

連絡先はWebメールの連絡先となります。
私の設定では「Outlook.com」「Hotmail.co.jp」「Gmail」のアドレスが「People」から使えます。
(Liveメールなど使っているメーラーのアドレス帳をWebメールへインポートすれば、自分のアドレス帳を「People」で使えます)
22-メール 1-people

広告
カテゴリー: Uncategorized タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中