Windows10、「メール」の初回起動とプロバイダーメールアカウント追加

Windows10はクラウド対応を基本としたものなっています。このためパソコン起動時マイクロソフトアカウントでのサインインが主で、従来のローカルアカウントでサインインしても使えるけどそれはWindows10にとっては常態ではないと思います。
OSに付属しているメーラー「メール」は、Live メールなど従来のものから多くを引き継いではいますが、連絡先の考え方など大きく異なっています
このブログでは最初に「メール」を起動してプロバイダーメールアカウントを追加するまでについて書いてみました。条件としては、①Windows10はマイクロソフトアカウントでサインインする、②このマイクロソフトアカウントは既にOutlook.comなどWebメールとして使っていた、です。
この条件ですと「メール」を起動すると、メールアカウントにはPC起動時のサインイン-マイクロソフトアカウントが追加されており、連絡先「People」には同アカウントのOutlookメールの連絡先が入っていますので、すぐにメールが使用できます(ここでのOutlookメールとはマイクロソフトアカウントを使うWebメールであり、MS-オフィスのメーラー「Outlook」とは全く別のものです)。いろいろぐちゃぐちゃ書きましたが、上記の条件でなくてもメールアカウントを追加し、「People」に連絡先をインポートして使うことは簡単にできます。

このブログでは先に書きましたように、最初に「メール」を起動してプロバイダーメールアカウントを追加するまでを書いています。

1.「メール」起動
「メール」OS付属ですから「スタート画面」若しくは「すべてのプログラク」からすぐに起動できます。
1-メール

2.初回だけの画面
起動すると「ようこそ」画面がでますので、「使ってみる」で、次の画面へ。アカウント画面で「アカウントの追加」を選んで、アカウント追加の作業に入れますが、ここでは「開始」
2-メール 3-メール

3.メール画面
既にPCでサインインしたアカウントがメールのアカウントとして登録されており、受信メールが見れる。画面中央上の同期マークをクリックして、新しいメールを表示させる。
4-メール

4.プロバイダーメールアカウントの追加
メール画面のメニューで「アカウント」をクリックして「アカウント管理画面」を開く。ここで「アカウントの追加」をクリック
5-メール

アカウント選択画面で「詳細セットアップ」を選ぶ。「詳細セットアップ」画面では「インターネットメール」をクリック
6-メール 7-メール

5.「インターネットメール アカウント」を登録
プロバイダーの資料から、アカウント名、受信サーバーなどを記入する
8-メール 9-メール10-メール

5.アカウント確認
プロバイダーメールアカウントが追加され、受信メールが表示されている
11-メール

6.連絡先「People」を開く
「People」もOS付属のソフト、すぐにスタート画面などから開くことができる20-メール

7.連絡先が表示される
Windows10のサインインアカウントのWebメールで使っていた連絡先が「People」の連絡先となっている
21-メール

8.メール作成の宛先は「People」から
「メール」で新規メール作成を行うと、「宛先」欄で送信先の一部を記入すると「People」連絡先から候補が表示されるので、選択できる
22-メール

カテゴリー: メール, Windows10 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中