Windows10、「フォト」で簡単フォトレタッチ

「フォト」はWindows10付属の写真表示・修正ソフトです。
フォト」を使った写真レタッチについては既にブログにしましたが、ここではより簡単な写真修正(フォトレタッチ)をやってみます。フォトショップやGIMPのようにレイヤーを使っての写真修整はできませんが、大部分の失敗写真をそれなりに見れるように加工できます。
感性比較

1.「フォト」を起動
Windows10付属の写真表示・修正ソフトですので当初からインストールされており、「スタート画面」若しくは「すべてのプログラム」から起動できます。
フォト起動

2.写真を選ぶ
「フォト」で写真を探すには、①「コレクション」ではフォルダなどには関係なく時系列に並んだ写真から見れるほか、②アルバムとして関連写真をまとめたものからも見れます。更に③エクスプローラと同じようにフォルダから写真を探すこともできます。
20-photo

OneDriveから「画像」フォルダ内にある写真(刺繍額)をクリックして開きます
1-photo

3.自動修正
画像の右上にあるメニューから「色調整」をクリックすると「フォト」のAIが勝手に画像を調整します。名前は「色調整」ですが実際は自動調整です。再度クリックすると元に戻ります。気に入らないときは元に戻しましょう(自動調整は即フォルダー内の写真を修整します、別ファイルとして保存はありません)。
2-photo

自動調整も馬鹿にできません、見事なものです。多くの場合これで十分です。4-photo

4.緑の色を強調する(より緑っぽく)
画像の右上にあるメニューから「編集」をクリックし、編集画面を開く
5-photo

1)カラーブースト
画面左側の操作項目メニューで「カラー」を選択、右側のメニューで「カラーブースト」をクリック。カラーブーストのマークを画像の「緑」部分へドラッグ。ブーストマークにその場所の色(緑)が表示される
6-photo

2)ブースト量(強調する度合い)を調整
白丸を円に添って動かすと「カラーブーストマーク」のある色が変わる。右回りで彩度が上がり、左回りで下がる。ここでは+97と緑の彩度を上げた
7-photo

5.トリミング
画面左側の操作項目メニューで「基本設定」を選択、右側のメニューで「クロップ」をクリック。
8-photo

四隅に白丸があるトリミング枠が表示されるので、白丸をドラッグしてトリミング範囲を設定。
画面右上の「チェックマーク(✔)、適用」をクリックして修正を完了
9-photo

6.コピーを保存
修正結果はそのまま元絵に上書き保存できるが、ここでは「コピーを保存」として別ファイルで保存した。画面右上のメニューで「コピーを保存」をクリック。
10-photo

保存されている
(自動補正を行ったので本当は「画像」フォルダ内の元写真は修整されている。しかしここでは修正結果と比較するため、若干の操作を行い本来の元絵を表示させています)
11-photo

広告
カテゴリー: フォト, Windows10 タグ: パーマリンク

Windows10、「フォト」で簡単フォトレタッチ への2件のフィードバック

  1. 鈴木 昭秀 より:

    フォトの画像傷修正機能が無くなって不便しております 改善して下さい。

    いいね

  2. 井上哲朗 より:

    そうですね。傷はGIMP(オープンソース、無料)かPhotoshop(有料)でなら消せます。その他にもあるのかも知れませんが、、、。
    私のブログですが、GIMPでの傷修整の方法も書いています。
    http://wp.me/p2pS5S-3Xl

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中