Googleフォト、人物検索から不要な人を外す

GoogleフォトはAIによる画像検索と無制限の画像保存が大きな特徴です。
このブログでは人物検索において、特に必要ない人物の検索を外す方法を書きました

Googleフォトの人物検索では、GoogleAI が重要と考える人の顔写真が検索のキーとなります(名前を登録すれば名前でも検索できます)。AI検索のため検索方法などわかりませんが、家族や親戚の人は検索キーとして表示されていることを考えると、たくさん写っている人、つまり写真枚数の多い人は検索キーとして顔写真が登録されているのは確かです(この程度しかわかりません)。
しかしどうかすると全く写した記憶がない人が検索キーとして顔写真が表示されることもあります(多分Google+(SNSです)でシェアしたものに在ったとか、素材写真として他から取り込んでいたのでしょう)。私の場合は安倍首相の顔写真があり驚きました。私は自分のピクチャから安倍首相の写真を検索することはないので、安倍首相は検索キーから除きました。また実際に写した人でも知らない人や殆ど関係ない人が検索キーにあれば、検索キーから外しましょう(外した人物でも必要な場合は、また直ちに検索キーとして復旧できます)。
しかし残念なことというか当たり前というか、人物の写真を指定して検索キーに加えることは今はできないようです

1.人物検索画面を表示する
基本画面で、フォトから、検索窓をクリックし、検索画面を開き人物検索の右端矢印「」をクリック
1-Man

2.人物検索画面をユーザー表示/非表示設定画面とする
人物検索画面で画面右上隅の三点マークをクリックし、表示されたメニューから「ユーザーを表示/非表示」をクリック
2-Man

3.非表示する人を選定
画面はユーザー表示/非表示設定画面となり、検索表示される人物の写真ははっきり正常で画面左上隅に「目」マークが表示される。非表示のものはベールがかかり、「目」マークには斜線が入っています。非表示とするには画面左上隅に「目」マークをクリックすれば、非表示へと切り替わります。逆に非表示の「目」マークをクリックすると表示へ切り替わります(非表示のものも消えてしまう訳ではないので、いつでも復旧できます)。3-Man

すべての選定が終われば、全体画面右上の「完了」をクリックして決定。
4-Man

人物検索で、森永?グリコ?のビスコの坊やは人物検索から除外されました。
5-Man

その他
Googleフォトは写真の管理・ビューア―として役立つと思います。
人物検索機能として「人物の写真を指定して人物検索キーに加える」ことができればなお良いので、今後の改善を期待しています。

広告
カテゴリー: Googleフォト パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中