Windows Live メール、outlook.com アカウントでの送受信が不能になることへの対応

マイクロソフトでは、「WindowsLiveメールでは outlook.com アカウントでの送受信が、6月30日よりできなくなる」との周知を、outlook.com アカウントをWindowsLiveメールで使用している人、全員に周知しています(通知メールが来てない人は何もしなくてOK)。
理由は outlook.com メールの機能・信頼性・セキュリティを改善する改修を行ったためだそうです。
20-630live

対策としては、他のメーラーへの移行ですが、Windows10使用者へは同メールアプリ「メール」への切替を推奨しているようです。「メール」は単純で使いやすいメーラーで、スマートフォンのメールみたいに簡単に使えます。
個人的には「メール」は機能不足と思っていますので、私は MS-Office のOutlook を使い続けます( Outlook とか outlook.com とか紛らわしい、、、)。
もちろん 直接 Webブラウザから Outlook.comメールを使うことでもOKです。
21-630live

このブログでは「メール」への outlook.com アカウントの登録とWindowsLiveメールから outlook.com アカウントを削除する方法について書きました。

1.「メール」アプリへ outlook.com アカウントの登録
1)「メール」を開く
Windows10では「メール」が標準アプリとしてインストールされており、スタート画面のタイルから起動できます。
10-630live

outlook.com メールを既にLiveメールなどで利用しておれば、「メール」の初回起動時にメールアカウントは登録された状態で開くと思います(前のことなので忘れたけど確かそうだったと思います)。
Windows10のサインインIDが outlook.com で使っているメールアカウントと同じであれば、何もしないでoutlook.com メールが使えると思います。
11-630live

Windows10のサインインIDが outlook.com メールとして利用していたもの以外であれば、Windows10のサインインのアカウントもメールアカウントとして登録しておいた方が良いと思います。

2)outlook.com メールアカウントの登録
画面左側のメニューペインの一番下右端の設定マーク(歯車)をクリック、画面右側に設定画面が開くので「アカウントの管理」をクリック。アカウント管理画面で「アカウントの追加」をクリック
13-630live

「アカウントの選択」画面で、「Outlook.com 」をクリック。「Microsoftアカウントを追加」画面で outlook.com のアカウントとそのパスワードを入力して「サインイン」
14-630live  16-630live

アカウントが登録された
17-630live

必要ならプロバイダーメールアカウントも同様に登録する(アカウントの選択は「その他のアカウント」を選ぶ)
18-630live

2.Liveメールから outlook.com のアカウントを削除する1-630live

1)アカウント画面を開く
メニューの「ファイル」→「オプション」→「電子メールのアカウント」と進み、
「アカウント」画面を開く
2-630live

2)outlook.com のアカウントを削除する
「アカウント」画面で削除する outlook.com のアカウントを選び、「削除」をクリック。確認画面で「OK」
4-630live

Hotmail.co.jp のアカウントが削除された
5-630live

同様にもう一つの outlook.com のアカウントも削除すれば完了
6-630live

 

20-630live

広告
カテゴリー: メール, メール, WindowsEssentials タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中