GIMP、写真から文字ロゴを作成

オープンソースのフォトレタッチアプリ「GIMP」で写真から文字ロゴを作ってみましょう。

100-phtologo ユリロゴDSCF3148
ユリロゴ-2

1.ロゴとなる文字を入力
フォントは何でも良いが太字の文字が良い
1-phtologo

この写真は縦長なので、文字枠の横幅を縮め縦幅を拡げて、文字が縦方向に並ぶようにする
2-phtologo

文字サイズを大きくし背景とバランスのとれたものとし、文字枠と位置を調整して形を整える
3-phtologo 200-phtologo

2.白色のレイヤーを追加する
背景のレイヤーを右クリックして「新しいレイヤーを追加」。「新しいレイヤー」画面でレイヤーは「白」で塗りつぶす。レイヤー名は「ロゴ」とする
5-phtologo

3.「ロゴ」レイヤーにチャンネルマスク(白)を追加する
ロゴレイヤーを選び、右クリック、表示されたメニューから「レイヤーマスク」を追加。レイヤーマスクは「完全不透明(白)」とする
8-phtologo

4.文字部分を選択
文字のレイヤーを選び右クリック、表示されたメニューから「不透明部分を選択範囲に」をクリックし、文字部分を選択
9-phtologo 12-phtologo

5.文字部分を写真に置き換える(「ロゴ」レイヤーのチャンネルマスクを文字部分だけ黒く塗る)
「ロゴ」レイヤーのチャンネルマスクを選び、ツールで「塗りつぶし」を選ぶ
描画色は黒にして、文字部分をクリックする
10-phtologo

文字レイヤー非表示にすると文字部分で写真が切り抜かれた状態となる
13-phtologo

6.背景の写真を表示する
「ロゴ」レイヤーの不透明度を調整して背景写真を表示させる
14-phtologo

6.文字に影を付ける
文字が選択された状態で文字レイヤーを選び(影を一番上のレイヤーとする)、
メニューの「フィルタ」→「証明と投影」→「ドロップシャドウ」とし、表示された「ドロップシャドウ」画面で、影のずれ、ぼかし率、色、不透明度を設定し「OK」
11-phtologo

影が付いた
20-phtologo

 

 

 

 

 

 

 

完成
100-phtologo

広告
カテゴリー: GIMP タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中