RAW現像を使いましょう(RAW現像とGIMPを合わせて使う)

写真はガラス銀板として誕生したときから科学技術の申し子です。そして常に人が見たようには、思ったようには写りません。このためいろんなテクニックを使って自分のイメージどおりの写真にするための努力が払われてきました。今もこれは同じです。プロからアマチュアまで、撮影時の照明条件から撮影後の加工までいろんな努力が払われています。
撮影後の最初の処理は現像です、撮像素子からのデータを画像ファイルに変えます。
最近のカメラはJPEGだけでなくRAW 画像にも対応したものが増えたようです。私のカメラは普通のデジカメで、一眼レフでもミラーレス一眼でもありませんが、それでもRAW 画像で保存できます。そしてRAW現像ソフトは、カメラメーカーが無料で配布しているものが使えます。
RAW 現像を行えば、撮影時の露出や色温度などの設定ミスの補正というフォトレタッチが、JEPG画像でのフォトレタッチ(GIMP やフォトショップなど)よりはるかに自然な形で行えます。もちろんこの RAW 現像アプリの大部分は画像全体の補正を行うわけで、昔、白黒写真の時代にやっていたような部分的な「覆い焼き」や「焼きこみ」はできません。
最近、本屋で立ち読みをしていたら「Lightroom」というRAW 現像アプリの本があり、なんか部分的な補正がRAWレベルで出来るらしいことを知りました。「これは良いなあ、でも高いだろうなあ」と気持ちは動いたのですが、暇はあるけど金はないリタイヤー後の生活ではふんぎりはつかないままでいました。
でもある日、暇のある人は「Lightroom」を買う必要はない突然閃きました。
部分的な補正は、その補正部分のみに着目した現像を行い(補正範囲外の画像はどうでも良い)、それをGIMPでレイヤーとして取り込み、レイヤーマスクを使って必要部分を表示して合成すれば、RAW レベルでの補正された画像となります。なんのことはない、特に意識することなく前にもやったことのある手法でした。
もちろん「Lightroom」にはその他たくさんの良い機能がありますので、買って損のないアプリだと思っています。

このブログではRAW 現像とGIMPを使った画像補正について書きます。下図は修整効果の比較です。(RAW現像した「全体写真」と「暗部写真」をダウンロードできます)
加工比較

完成加工Raw

1.RAW 現像(画像は Fuji Film 社の RAW 現像アプリです)
先ず基本となる画像を整えます。ここでは露出をやや高めて(0.67絞り開いた現像)現像しました。
次に舞台にいる鬼に合わせた現像、露出を2.3絞り明るくし、彩度を高めました(外にいるお姫様の白い衣は飛んでしまってます)。
1-Raw2-Raw

2.GIMPへ読み込む
1)全体写真を基本レイヤーに、鬼の写真をレイヤーとして追加
先ず全体範囲を整えた写真をGIMPに読み込み、続いて鬼を見易く整えた写真をレイヤーとして読み込みます。
3-Raw4-Raw

2)鬼の写真のレイヤーに「完全透明」のレイヤーマスクをかける
鬼レイヤーを右クリックして表示されたメニューで「レイヤーマスクの追加」をクリック。開いた「レイヤーマスク」画面で「完全透明(黒)」を選んで「追加」
5-Raw

基本レイヤーを「全体」、鬼レイヤーを「暗部」というレイヤー名にした6-Raw

3.鬼を選択
「暗部」レイヤーで表示する鬼の範囲を決めるため、鬼の範囲を選択する。
1)鬼の写真を再度レイヤーとして読み込む
読み込んだ鬼の写真を「暗部」レイヤーの下に置き、鬼の範囲をわかり易くする。ここでツールから「自由選択」を選び、鬼の範囲を選択。選択後、作業用に読み込んだ鬼のレイヤーは非表示とする。
7-Raw

2)選択した境界線をぼかす
完全に鬼の形を選択することはできないので、選択境界線をぼかす。ここでは鬼の顔幅の10%程度ぼかすことにした。
・鬼の顔幅を測る
ツールボックスから「定規」を選び、顔幅を測る。画面下部のステイタスバーに測った長さが表示される(256 Px )
8-Raw

・選択境界線をぼかす
メニューから「選択」→「境界をぼかす」と進み、表示された「選択範囲の境界をぼかす」画面でぼかす量を設定し「OK」(ここでは20 Px とした)
9-Raw

4.レイヤーマスク、鬼の範囲を不透明にする
ツールボックスで「塗りつぶし」を選び①、描画色を「白」にして②、「暗部」レイヤーのレイヤーマスクをクリックして選択③する。
マウスを選択された鬼の範囲に置き、クリックすると選択範囲が白く塗られる④。
10-Raw

鬼が明るく浮かび上がる
20-Raw

その他、明るく目立たせたいところがあればその部分をレイヤーマスク上で白に塗る。先ず選択を解除してブラシで(描画色は白、ぼやけた円ブラシ、ブラシサイズを適当にして)「暗部」レイヤーのレイヤーマスクを選んで、目立たせたい部分に塗る。ここでは「長浜神楽」の部分を浮かび上がらせた。
21-Raw

完成
完成加工Raw

普通(全体補正)写真
普通DSCF1728

元写真
元写真

比較
加工比較

広告
カテゴリー: GIMP, RAW, 写真 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中