Google マップで道案内、Google サービスは役立つ

私はパソコンと iPad を使ってますが、Google のWebサービスはとても役立つと思います。同じGoogle アカウントでログインすることでパソコンで行ったことを iPad に同期させることができます。
Google はWeb検索だけでなく、Google フォトは写真の閲覧・バックアップ保存・共有に便利だし、Google マップは地図機能だけでなく道案内渋滞状況・その場所の写真登録など多彩な機能があり便利に使ってます。
Google サービスはGoogle アカウント(Gmail アドレス)でログインすることで多くのサービスが受けられます、スマホなど持たなくてもログインして使いましょう。

ここでは地図機能(Google マップ)、ルート案内を使ってみます。
出発地と目的地を決め、使用する交通手段を自動車としてルートを表示させると、道筋ごとに交通状況が表示されます。交通状況は出発時間を変えることで、時間帯や曜日での渋滞予測が表示されます。また目的地に関連する写真も多数見ることができます。

1.出発、目的地を決める
1)道案内画面を開く
画面左上の入力窓にある「ルート」をクリック
1-traffics

2)出発地、目的地、交通手段を決める
表示された画面で出発地と目的地を入力し、交通手段を決める。2-traffics

2.ルート案内図を確認
2、3のルートが表示される。第一候補のルートには交通状況が表示されている(赤は混雑、青は渋滞なし、、、)。接点(○印)をドラッグすればルートの修整もできます。
3-traffics

他のルートをクリックするとそのルートの交通状況が表示される。
4-traffics

3.別の時間帯の道路状況の予測を知る
別の時間の道路混雑状況は、出発時間を変えることで知ることができる。ルート表示一覧の上にある「すぐに出発」の右隣の下向き三角「▼」をクリックして、「出発時間」を選ぶ
5-traffics

表示された出発時間と月日を左右の三角「▶」や「◀」で変更して望みの曜日、時間とする(ここでは月曜日の午前8時40分とした)。
6-traffics

月曜日、午前8時40分の混雑予測が表示される
7-traffics

4.目的地について写真で情報を得る
目的地をクリックしてその場所の写真情報を見ることができる。目的地をクリックしてマークを表示させたら、画面右下隅の二重山形マークをクリック。
10-traffics

画面下に、当該箇所のストリートビューやGoogle がWeb から集めた写真(?)や一般の人が追加した写真のサムネイル画像が表示される。
11-traffics

見たい写真をクリックすると全面表示となる
12-traffics

なお、地図は航空写真へ切り替えることができ、風景として当該地区を見れる。13-traffics

5.間違い写真を通報する
何らかの理由で間違っている写真はGoogle へ連絡することができる。
間違い写真を表示させ、画面左上隅の三点マークをクリック。表示されたメニューから「問題の報告」をクリック
21-traffics

表示された画面で報告する。なおこの場合ログインしていても再度メールアドレスの入力が求められる。
20-traffics

修正されるかどうかは別として、Google で検討する旨の連絡画面となる。
22-traffics

カテゴリー: Google map, 地図   タグ: パーマリンク

Google マップで道案内、Google サービスは役立つ への1件のフィードバック

  1. 井上哲朗 より:

    2016年9月27日確認、問題を報告していた大分市竹町の「岩尾ぶんぐ館」が正しい位置になっていた。またコンパルホールの図書館も「大分市民図書館コンパルホール分館」と正しくなっていた。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中