フォトギャラリー以外での逆光補正

既にWindows Live Essentials は2017年1月10日をもってサポートが終了することがアナウンスされています。
Windows Live Essentials のフォトギャラリー(以下フォトギャラリー)は比較的軽くて写真閲覧や加工に大変便利なので、日常的にフォトギャラリーを使われている方は多いのでは、、、と思います。しかしこれらの方は、実は私もですが、何らかのアプリへ切り替えが必要となっています。
ここでは写真の逆光補正について、フォトギャラリー、Windows10のフォト、Google フォト、GIMP で比較してみました。GIMP は機能が多いので細かく丁寧に時間をかけて行えば、ここに示したものよりより良く補正できると思いますが、他のソフトの比較で手間を省いた形で行いました。
(補正する元絵)
元露出

1.フォトギャラリーによる補正
微調整から「シャドウ」と「ハイライト」露出を調整するだけです。
1-Liveギャラリー

2.Windows10 フォトによる補正
編集をクリックし
2-フォト

左側のメニューで「ライト」を選び、右側で「影」の調整を明るくし3-フォト

次に左側で「色あい」を選んで少し色を濃くした
4-フォト

11-フォト

3.Google フォトによる補正
写真を開いて「編集」を選び、「自動」で補正してみました。
21-Googleフォト

22-Googleフォト

4.GIMP で簡易補正
GIMP は多機能なので、いろんな方法で丁寧に補正できますが、できるだけ簡単な方法で補正しました。
1)中心レベルで明るく
メニューの「色」から「レベル」を開き、中心レベルを暗い所にする
5-GIMP

2)トーンカーブで補正
次に「色」→「トーンカーブ」で顔を中心に補正した
6-GIMP

7-GIMP

補正の比較
アプリの性能差ではありません、丁寧に時間をかけて行うかどうかで結果は異なります。
ここでは自動で行ったGoogle フォトが一番うまくできている気がします。逆光補正のような典型的な補正の場合、自動補正はかなりのレベルにあるように思います。
1-Liveギャラリー 11-フォト

22-Googleフォト GIMP露出

広告
カテゴリー: フォト, フォトギャラリー, GIMP, Googleフォト, Windows10, WindowsEssentials, 写真 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中