Live メール連絡先を Outlook2013 へ移行する

2017年1月には Windows Live Essentials のサポートが終了します。
このため同Live メールをお使いの方は別のメールソフト(メーラー)への移行を余儀なくされます。選択肢としてのメーラーは、Windows10の「メール」など沢山ありますが、ここでは MS-オフィスでの宝の持ち腐れとなっている感のある「outlook 2013」をメーラーとして使うこととしてみました。
このブログでは、Outlook2013の初期設定とLive メールの連絡先をOutlook2013へ移行させることを書いてみます。

1.Outlook 2013を設定する(始めて使うとき)
MS-オフィスをインストールしておれば Outlook2013も多くの場合インストールされていると思います。すべてのプログラムからOutlook2013を起動します。
0-outlook設定(Outlook 2013は毎日使うものなので、タスクバーやスタート画面へ登録しておきましょう)

最初の起動時には「ようこそ」画面が開きますので、ウィザードに沿って先ずプロバイダーメールアカウントを登録しましょう。
1-outlook設定 2-outlook設定

プロバイダーメールのメールアドレスとパスワード、それにメールに表示される名前を入力すると自動でアカウント登録が始まります。
3-outlook設定 4-outlook設定

5-outlook設定 6-outlook設定

8-outlook設定 9-outlook設定

10-outlook設定

完了をクリックするとOutlook 2013の受信画面が開きます。
とりあえず推奨設定とします
11-outlook設定

推奨設定では右側に選んだメールの本文が表示される形となっています。
12-outlook設定

当然、連絡先は空白で何もありません
100-outlook設定

2.People から連絡先を取り込む
連絡先がないとメール使用がたいへん不便ですので、Live メールなどで使っていた連絡先を取り込みます。Live メールの連絡先をエクスポートして、Outlook にインポートする方法では何故か文字化けが起こり取り込めませんでした(メモ帳を使いUTF-8にしてみてもダメでした。以前、Windows7か8の時はできたと思うのですが、、、)。
仕方がないのでPeople の連絡先を取り込むことにします。Live メールをサインインして使っている方は Live メールの連絡先が People  に連絡先に取り込まれています。

1)Outlook.com から People を開く
ブラウザで「outlook.com」と検索し、MSの「outlook.com」サイトを開く。サインイン画面がでたら、マイクロソフトIDでサインインして「 Web メール Outlook.com  」を開いてください。
パソコンの起動をマイクロソフトIDから行っている方はサインイン画面は開かず、すぐに「 Web メール Outlook.com  」が開くと思います。
101-outlook設定 102-outlook設定
103-outlook設定

 

 

 

 

 

Web メールのOutlook.comが開いたら、メニュー左端の9点マークをクリックして「People」を開く
204-outlook

2)People の管理画面を開く
People 画面のメニュー中央付近にある「管理」をクリックして「・・・Outlook2013用にエクスポート」をクリック
205-outlook

連絡先エクスポートの手順が示された画面が開くので、手順通りに進める。
206-outlook

<ご参考>以下は手順通りに行った作業です
1)Outlook2013へOutlook.com のアカウントを登録する
Outlook2013のメニューで「ファイル」をクリックし①、開いた外面で「アカウント設定」を選び②、アカウント設定をクリック③
210-outlook

アカウント設定画面が開くので、「新規」
211-outlook

アカウント登録画面で、Outlook.com のアカウントを登録、再度 Outlook.com に接続するため「パスワード」入力
212-outlook 213-outlook

214-outlook 215-outlook

Outlook.com のアカウントが登録された
216-outlook

2)Outlook.com の連絡先をプロバイダーメールの連絡先にコピーする
Outlook2013の連絡先を開くとプロバイダーメールとOutlook.com のアカウントの二つの連絡先ができている。後はプロバイダーメールの連絡先へコピーするだけです(個人的にはコピーする必要は無いと思う、片方に連絡先があればそれを使ってメールは送れるので、以下の作業は不要な気がするけど、、、、)。
217-outlook

コピーする連絡先を選んで(画面ではすべてを選んだ)、右クリック。表示されたメニューで「移動」→「フォルダへコピー」とクリック218-outlook

コピー先はプロバイダーメールの「連絡先」
219-outlook220-outlook

完了、プロバイダーメールの連絡先へも表示された
221-outlook

<そのた>
Windows Live Essentials の Live メールをサインインしてない方は先ず「マイクロソフトID」でサインインする必要があります。
始めてサインインすると Web メールのoutlook.com には連絡先は無いので連絡先が Live メールから消えてしまいます。
Windows Live Essentials の Live メールをサインインしてない方がサインインするときは、事前に連絡先をエクスポートしておきましょう。
連絡先が消えた時は、エクスポートしておいた連絡先をインポートしてください。Live メールの連絡先となると同時に、People にも連絡先が整備されます。

カテゴリー: メール, メール(Outlook), People, Windows10 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中