サンダーバード(Thunderbird)を使ってみる(署名、連絡先グループ、メール作成など)

Windows LiveE ssentials のサポート終了に伴い Live メールは安全に使えなくなります。代替えのメーラーとしては、Windows10の「メール」とかMSオフィスの「Outlook20**」が考えられます。しかしMSオフィスの「Outlook20**」を持ってなかったり、Windows7をお使いの方の代替えとはなりません。
サンダーバードを代替えメーラーとして考えてみました。
サンダーバードのインストールやアカウント登録、連絡先移設については既に書きましたので、ここでは署名の作成、連絡先グループ作成などについて書きます。

1.署名の作成
サンダーバードでは(でも)署名はアカウント毎に作成します。
そして署名はアカウント登録時に作るのが普通ですが、ここでは登録済みのプロバイダーアカウントに署名を作ります。画面右端上の三線マーク(設定)をクリックして、「オプション」→「アカウント作成」と進み、アカウント画面を開く。
1-署名

署名を登録するアカウントの画面で「署名編集」に署名を書き込み、「OK」をクリック
2-署名

プロバイダーアカウントでメールを新規作成すると署名が自動的に挿入されます
3-署名

2.連絡先グループの作成
同好会メンバーなど頻繁にメールを送るグループがある場合は連絡先グループを作ると便利です。サンダーバードでは「アドレスリスト」あるいは単に「リスト」と呼んでいるようです。
先ずメニューから「アドレス帳」を開き、アドレス帳の画面で「新しいリスト」を選びます。
100-グループ連絡先

アドレスリストの作成画面が開きますので、リスト名を入力(ここでは「練習-連絡先」としました)。
そして「アドレスリストに追加するメンバー」を選びます。選び方は簡単です。既に連絡先は読み込まれていますので、名前の一部を入力する(ここでは「井上」)と関連する候補が表示されるので、該当するものをクリックするだけです。以下同じように苗字を入れで該当者を選定してゆきます。
101-グループ連絡先

ここでは4名のリストとしました。
102-グループ連絡先

アドレス帳で確認してみました。
アドレス帳画面で検索蘭に「練習」と入力するとすべてのアドレス帳には「練習-連絡先」が検索・表示されました。
103-グループ連絡先

メール作成でも「宛名」欄に「練習」と入力すると「練習-連絡先」が表示されますので、宛先として設定できます。
104-グループ連絡先

3.開封前のメッセージ表示/非表示
サンダーバードでもメールは開封前にも表示されます。勿論、表示/非表示の選択が可能です。メニューの「表示」から「レイアウト」をクリック、「メッセージペイン」にチェックを付けると表示され、外せば非表示となります。
1-messe-ji

2-messe-ji

4.その他
サンダーバードで文字化けがありました。警察のML(まもめーる)を受信すると、受信メール一覧で「件名」が化けてしまいました。メールの開封前表示やメールを開いたものでは正常な表示となります。なおサンダーバードではメールを開くとタブとして表示されます(最下図参照)。
1-文字化け

文字化け2

カテゴリー: サンダーバード タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中