Hugin、パノラマ範囲や傾きを調整する

Hugin でパノラマ写真を作成するブログは既に書きました。先日は殆どすべてをお任せで、パノラマ元写真を選択することを除いて自動で作成しましたが、今日はパノラマ写真範囲を細かく調整するなど作成者が少しは関与してみました。まだ殆どよくわからないので、もっと良い調整方法があるのかも知れませんが、、、、、。

1.水平の傾き補正
何故かよくわかりませんが、水平線が少し傾く場合があります。この場合は人が見て気持ち良いように水平にしたいものです。
写真を登録、配置したら少し傾いていましたので、補正してみます。
「移動/ドラッグ」タブを選び、「まっすぐに」をクリック
100-範囲設定 101-水平範囲設定

ほぼ水平になりました
102-水平範囲設定

2.パノラマ写真範囲を調整する
自動で「配置」された状態ではパノラマ範囲が狭くせっかくの全体が削られています。先ず「切抜き」タブから「緑の曲がった矢印」をクリックして全画面に拡げます。
103-P範囲設定104-P範囲設定

次に「左」「上」「右」「下」の数値を変えて作成されたパノラマ範囲、必要な範囲が選択されるようにする。
105-P範囲設定

3、パノラマ作成
完成したパノラマ写真を出力しする。
106-保存107-完成保存

4.ご参考
Googleフォトでは勝手にパノラマ写真が作成されます。
パノラマとなるような写真群がアップロードされるとGoogleフォトが判断して作成します。手動ではパノラマを作成することはできません(「アルバム」「コラージュ」「アニメーション」は手動で作成できます)。

Hugin パノラマと同じ範囲の写真からGoogleフォトが作成したパノラマ。垂直方向が合成されない他は素晴らしいです。
Googleフォト-PANO

Hugin で作成したパノラマをトリミングしたみたいにできます。
107-完成保存

カテゴリー: Hugin タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中