ウィルス対策、セカンドオピニオン的なことを試す

今やパソコンはインターネットにつながらなくては機能しない時代になりました。そこで大切なのがウィルス対策。
もちろん「アルセーヌルパン」ばりの怪盗が世界を股にかけて活動する時代ですから万全の防御対策などないと思います。しかしそこそこの泥棒や出来心からの犯罪程度からは身を守りたいものです。ぜひアンチウイルスソフトを導入しておきましょう。
ウィルス対策ソフトは複数社のものがあり(Windows も「Defender 」と「ファイアウォール」を無料で提供)、もちろん各社の機能が同じではありません。ウィルス検出機能もその種類により得意不得意などあるかも知れません、、、、、。
その他、「ウィルス定義ファイル」は自動的に更新されるとはいえ、更新が最新版になっているかをたまにはチェックしたいものです。

ここではウィルス対策での「セカンドオピニオン」的なものを試して、信用してないわけではないが私のPCのウィルス対策ソフトの対策状況を確認してみました。
(くれぐれも詐欺サイト「あなたのPCをチェックしたらウィルスが発見されました。
除去するにはこちらをクリック
」などというものにはご注意を!)

複数のウィルスチェックソフトを同時に起動することはトラブルの原因になりますのでできません。しかしウィルス対策を行っている会社は(トレンドマイクロ、カスぺルスキー、シマンテックス、マカフィー)は無料のウィルス検査ソフトなどを提供しています。
これを利用すれば主治医(導入アンチウィルスソフト)以外の医師の診断(他社のウィルス検査)も利用することができます。
私はトレンドマイクロ社の「オンラインスキャン」をセカンドオピニオンとして試してみました。

1.トレンドマイクロ社のオンラインスキャンサイトを開く
お使いのブラウザで「トレンドマイクロ ウィルスチェック」で検索し、「無料で簡単ウィルスチェック・・・」を開く
1-secondcheck

ウィルスチェックサイトが開いたら、自分のパソコンに該当するビット数のボタンをクリック2-secondcheck

2.チェックプログラムのダウンロード
直ぐにチェックアプリのダウンロードが始まります。普通に保存し実行してください
3-secondcheck

3.オンラインスキャンの実行
チェックアプリとパソコンの整合性を確認した後、ウィルス検査が始まります。「スキャン開始」をクリック
4-secondcheck5-secondcheck

検出したウィルスの個数と進行状況が時間経過と共に表示されます
6-secondcheck

4.検査結果表示
完了すると結果が表示されます。
ウィルスが検出されても削除は行われませんので、後の措置はご自分で考えて対応することになります(主治医に伝え対策をするとか、別の医師の治療を受ける、、)。
7-secondcheck

カテゴリー: ウィルス, Windows タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中