Windows10、スタート画面&タスクバーへの登録

パソコンではプログラムやドキュメントなどを記したファイルはフォルダへ格納されています。従ってプログラムを起動するにも写真を開くにも、そのファイルが格納されているフォルダを開いて、そこから行うことになります。しかしいちいちフォルダを開くのはたいへん不便です。そこで MS-DOS から Windows 10へとOSが進化し色んな工夫が施され、改善され便利に使えるようになってきました。

デスクトップがすべての基本でここにショートカットを作っておけば便利なのは確かです。しかし沢山のショートカットをデスクトップ上に置くのは、使い難いと思います(その数を少なくしエリア分けをすれば、デスクトップ上は一等地と思いますが、、、)。
Windows10では、デスクトップに表示される「スタートメニュー(スタート画面)」と「タスクバー」を自分なりに変えることで、日常のパソコン操作を便利に効率的に行うことができます。
スタート画面

このブログではスタート画面とタスクバーへのアプリケーションWebサイトフォルダの登録(ピン留め)の方法について書いています。ご自分のよく使うアプリやWebサイトを登録して、デスクトップを自分流にカスタマイズし、より効率的に楽しくパソコンを使いましょう。

1.アプリケーション(プログラム)のピン留め
(Windows ストアアプリについては記載するまでもないと思います、省略)
1)スタート画面
Windows ボタンをクリックして表示した「すべてのプログラム」から該当のアプリを右クリックして「スタート画面にピン留めする」をクリックするだけです。
非表示(スタート画面から削除)することも同様に行えます。
10-スタート-アプリ

2)タスクバー
上記のスタート画面へのピン留めと同じです。該当アプリを右クリックして「その他」からピン留め、削除ができます。
34-タスク-アプリ

2.Webサイトのピン留め
頻繁に確認するWebサイトもスタート画面やタスクバーに表示しておくと便利です。1)スタート画面
Edgeで該当のサイトを表示させ、画面右上隅の設定ボタン(横三点「…」)をクリックして「このページをスタートにピン留めする」をクリックするだけです。10-スタート-Web

2)タスクバー
少し手間がかかります。IE(インターネットエクスプローラ)で開いたサイトをピン留めすることになり、スタート画面みたいにEdgeは使えないようです。
先ずEdgeで開いたサイトをIEで開き直します。画面右上隅の設定ボタン(横三点「…」)をクリックして「Interenet Explorer で開く」をクリック。
30-タスク-Web

IEでのサイト画面から、サイトのURL表示窓の左端アイコンをデスクトップへドラッグ&ドロップします。
31-タスク-Web

後はタスクバーの空きへサイトのアイコンをドラッグ&ドロップすればOKです。
32-タスク-Web 33-タスク-Web

3.フォルダのピン留め
1)スタートメニューの「設定/電源」
Windows ボタンをクリックすると表示される「設定/電源」から、フォルダ関係も開くこともできます。ただここからでは一般的な操作しかできず、個別のフォルダを開くことはできません。
20-スタート-フォルダ

「設定」から「個人用設定」→「スタート」から順にゆきます。
21-スタート-フォルダ 22-スタート-フォルダ

23-スタート-フォルダ24-スタート-フォルダ

2)スタート画面
簡単です。該当するフォルダを開き、右クリックして表示されたメニューから「スタート画面にピン留めする」をクリックするだけです。
25-スタート-フォルダ

スタート画面に表示されたら見易い位置の移動させて使い易くしましょう。フォルダ類をまとめてグループ化してみました。26-スタート-フォルダ

27-スタート-フォルダ

3)タスクバー「エクスプローラ」のジャンプリストへ表示
ジャンプリストへの表示ですので、馴染みがあり使い易いと思います。
方法は簡単で、目的のフォルダをタスクバーの空きスペースへドラッグ&ドロップするとエクスプローラのジャンプリストへ表示されるようになります。
35-タスク-フォルダ

4)タスクバーに直接表示
頻繁に開くフォルダがあればタスクバーに直接置くのも良い方法と思います。
① デスクトップへショートカットを作る
デスクトップ画面の空いているところを右クリックして、「新規作成」からショートカットを作る
40-タスク-フォルダ

② ショートカットに該当のフォルダを設定
開いた画面で「参照」から目的のフォルダを指定(ここではDドライブにある「ピクチャ2」とした)
41-タスク-フォルダ

③ フォルダ名の頭に「explorere 」を入れて「次へ」
表示されたフォルダ名の前に「explorer 」を書き込んだ後「次へ」をクリック(フォルダ名とexplorere の間には半角のスペースを入れること)。
43-タスク-フォルダ

④ ショートカット名を変更(タスクバーにカーソルを置いたとき表示される名前)
45-タスク-フォルダ

⑤ 作成されたフォルダのアイコン画像を変更
このままでも良いが、もともとタスクバーにあるエクスプローラとアイコンが同じ画像では勘違いの可能性もあるので変更した(作成されたショートカットを右クリックして「プロパティ」から変更)
47-タスク-フォルダ

⑥タスクバーへ表示
タスクバーの空きスペースへドラッグ&ドロップ
48-タスク-フォルダ 49-タスク-フォルダ

50-タスク-フォルダ

 

———————————

デスクトップ

スタート画面

広告
カテゴリー: Windows10 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中