GIMP でWindowsのフォルダアイコンを作る

パソコン操作を便利にするには、よく使うフォルダやファイルはできるだけ簡単に素早く見つけられる場所にある必要があります。
このためにはスタート画面やタスクバーを自分流にカスタマイズするのが基本です。しかしスタート画面やタスクバーも表示されるタイルやアイコンが増え過ぎると使い難くなります。そこで直近の作業で使う頻度が高いフォルダやファイルはショートカットをデスクトップへおいて、その期間だけの操作性を高めることも良いと思います。
このときアイコン画像が他のものと異なっているとより見つけやすくなります。
デスクトップへショートカット

このブログではGIMPを使って自分用の Windows 用アイコンを作ることをやってみます。

1.アイコン画像の作成
ここでは下図最左端の回転する矢印の色を変え、大きさと回転角の異なった三重の図形を作りアイコン画像としました。画像サイズは500×500程度でOK、小さく作る必要はありません。
回転矢印 色変矢印 三重矢印

2.GIMP でアイコン画像としてエクスポート
作成した画像は「Microsoft Windows アイコン」としてエクスポートします。
なお、まだアイコン画像格納用のフォルダを作ってないのでとりあえずデスクトップへエクスポートした。
1-拡張子2-拡張子

3-拡張子 4-拡張子

(GIMP でアイコン画像作成時の注意)
① Windows 10では、アイコン画像サイズは32×32などと小さくする必要はありま せん。500×500程度でエクスポートしてOKです。
② アイコンとしてエクスポートするには、可視部分をレイヤーとしてまとめ、その他のレイヤーは削除してから行ってください。
40-拡張子

3.アイコンフォルダを作る
自分用のアイコンは、アイコンフォルダを作り格納しておきます。フォルダやファイル(ショートカット)のアイコンとして使う画像は一カ所に格納するのが良いと思います。ここでは「ドキュメント」ファルダに「アイコン画像」というフォルダを作りました。
「アイコン画像」フォルダへ1.で作ったアイコン画像を入れておきます。
10-フォルダ 11-フォルダ

12-フォルダ

4.フォルダ(ファイルのショートカット)のアイコンを変える
ここでは「ドキュメント」フォルダーにある「GIMP」フォルダのアイコンを変えてみます。
先ず「GIMP」フォルダを表示して、右クリックしプロパティを選びます。20-アイコン変更

プロパティ画面で「カスタマイズ」タブとして、「アイコンの変更」をクリック。
アイコンの変更画面が開くので「参照」をクリック
21-アイコン変更 26-アイコン変更

開いたエクスプローラ画面で使うアイコン画像のあるフォルダを開き、使うアイコン画像を選択し「開く」。
22-アイコン変更

アイコン画像が変わりますので、「OK」
28-アイコン変更 29-アイコン変更

「ドキュメント」フォルダの「GIMP」フォルダのアイコンが変わりました。このショートカットを作ると(デスクトップへ)、ショートカットのアイコン画像もフォルダ内のアイコンと同じ画像となります。
なおショートカットを先にデスクトップにおいておけば、デスクトップ上のアイコン画像だけを変えることができますので、この方が一時的に使う場合は良いかも知れません。
30-アイコン変更

広告
カテゴリー: GIMP, Windows, Windows10 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中