無線 LAN、回線電波状況がわかるアプリ

家庭でも無線 LAN でインターネット接続をされている方は多いと思います。一般的には無線回線の電波状況は知る必要もありませんが、2階の部屋はパソコンに繋がり難いなどの場合は簡単に電波状況を確認することができます。私は今まで「 inSSIDer 」というソフトを使っていましたが、Windows ストアーにも「 WifiAnalyzer 」という無料のソフトがありますので使ってみました。確かに我が家でも近隣からの電波で2.4Ghz 帯は混雑していますが、5Ghz は電波の減衰が大きいので他家の電波は来てないようです。
これが「 inSSIDer 」での電波状況画面です(5Ghz のチャンネルを接続してます)。inSSIDer

こちらが「 WifiAnalyzer 」の画面です。2.4Ghz 帯と5 Ghz 帯は別画面となります。
21-動作画面 22-動作画面

ここでは Windows ストアーから入手できる「 WifiAnalyzer 」のインストール等について書いてみます。

1.Windows ストアーから「 WifiAnalyzer 」を入手、インストール
ストアを開き「 WifiAnalyzer 」と入力し、検索。
1-インストール2

検索結果で「 WifiAnalyzer 」(無料)をクリック。
2-インストール2

「 WifiAnalyzer 」の購入画面となるので「購入」をクリック。
3-インストール2

自動的にダウンロードとインストールが始まる
4-インストール2

起動画面となるので「起動」をクリックして「 WifiAnalyzer 」を開く
5-インストール2

2.「 WifiAnalyzer 」の設定と動作画面
1)地域の設定
最初に起動した場合は地域の設定が必要である
2-インストール

2)無線 LAN 情報収集
有線 LAN 接続状態では無線 LAN の情報がないので無線 LAN に接続するよう求められる。
10-インストール 11-インストール

3)画面構成
「 WifiAnalyzer 」の画面構成は、接続情報、解析(各チャンネルと電波の強さと電波強度の時間変化)それにネットワーク(簡易表示と詳細表示)の三つ。
チャンネルごとの電波強度は2.4Ghz 帯と5Ghz 帯が別画面となっている。
<接続情報>
20-動作画面

<解析>
21-動作画面 24-動作画面

22-動作画面 26-動作画面

27-動作画面

<ネットワーク>
23-動作画面 25-動作画面

同じ機能のアプリは一つで良いので、「 WifiAnalyzer 」「 inSSIDer 」どちらか一つにする予定。

21-動作画面

広告
カテゴリー: Windows, Windows10 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中