GIMP、パターン作成演習(2)— 境界領域での工夫

GIMP パターンの作成については過去2回書いてきました。一つは単一画像の繰り返しパターン。もう一つは複数の元絵(花など)をランダムに配置するものでした。今回も複数の元絵で作成するパターンですが、少し工夫してパターン画像境界での規則性を感じ難くしてみました。以下に今回の作成分を以前の分と比べてみます。
<今回の作成パターン>完成1024塗りつぶし
<以前の作成パターン>
旧パターン例

基本的な考え方は、境界面の画像を上下左右に不規則にまたがるようにすることです
つまり単一画像の繰り返しパターン作製では、ガイド線のスナップ機能を使って単一画像の中心を基点に上下左右でが繋がるようにしましたが、今回はグリッド線を使い貼り付け画像の中心点を境界線からずらして配置するようにしてみました。

1.準備
元絵ファイルの読み込み、パターン画面(素地)作製は以前の「GIMP、パターン作成演習」と同じです。
1-背景

2.グリッド線を表示10ピクセル( Pix )のグリッド線を表示する
1)グリッドの設定
メニューの「編集」から「設定」と進み、「GIMPの設定」画面で「グリッド」を選び、グリッド線間隔を10ピクセルとする。グリッドの色は薄めにしておく。
2-グリッド線

2)グリッドの表示、スナップ機能を活かす
メニューの「表示」から「グリッド表示」と「グリッドにスナップ」をクリックして活かす。画面にグリッドが表示されます。
3-グリッド線

3.作業レイヤーを準備する
1)枠レイヤーの作成
透明のレイヤーを追加し、レイヤー名を「枠」とする
4-枠レイヤー

2)「枠」レイヤーに切抜き用の矩形を描く
(パターン画像作成後にパターン範囲で切り抜くためのものです)
「背景」レイヤーを選び、その不透明範囲を選択
5-枠作製

次に「枠」レイヤーを選び、メニューの「編集」の「選択範囲の境界線を描写」をクリック。3ピクセルの太さで矩形を描く。
6-枠作製

7-枠作製

3)画像範囲を拡げる(境界を跨がって元絵画像を設置するためです)
メニューの「レイヤー」から「レイヤーサイズの変更」をクリックし、レイヤーサイズを幅-420と高さ-340に変更します
10-グリッド線

メニューの「画像」から「キャンバスをレイヤーに合わせる」を選ぶ
11-グリッド線

これで作業領域が拡がりました。
後は元絵ファイルから画像を貼り付けてゆく、本格的なパターンイメージの作成となります。
13-グリッド線

4.パターン作成
花素材の GIMP ファイルから花をコピーして、パターン画面(素地)へ貼り付けて行く作業は「GIMP、パターン作成演習」と全く同じです。貼り付けた画像を「移動、拡大・縮小、回転、前後」してイメージを膨らませていくことも「GIMP、パターン作成演習」で説明してます。
ここでは境界付近での画像処理についてだけ書きます。
境界線をまたがって画像がない、またまたがっていても画像中心で上下や左右に分かれていては器械的でパターンの繰り返しが目立ちます。10ピクセル間隔のグリッド線に適当に画像をスナップさせることで変化ある境界線となると思います。

1)境界線を跨いだ画像の作製
・ 左右の境界線を跨いだ例
左側では30ピクセルほど外に画像を置き、右側では逆に30ピクセル中に置けばパターンとした場合画像は繋がります。このように境界を跨ぐ画像をその中心をずらして配置します(もちろん中心が境界にあるものがあってもOK)。
21-画像作成
・ 上下の境界線を跨いだ画像の例
上下で10ピクセルずらした例です。
(例が悪く垂直方向の位置がずれてます、これでは正しく画像が繋がりません、ごめんなさい)20-画像作成

2)パターン枠での切り取り
パターン画像を完成させた後320×240枠で切り取ります。
作成したパターン画像は420×340の範囲に拡がってますので、正しいサイズの320×240にする必要があります。このために先に作成した「枠」レイヤーを使います。
1)切り取り範囲作成
「枠」レイヤーを選び右クリック、表示されたメニューから「不透明部分を選択範囲に」をクリックして、矩形の線の範囲を選択。
(別の方法ーーーこれが楽かな、、、赤い枠は表示されている所をツールボックスの「矩形選択」を使い選択する)
22-画像作成

2)切抜き
簡単です、メニューの「画像」から「選択範囲で切り抜き」をクリック23-画像作成

切り抜かれました
背景」と「」レイヤーは目玉を消し非表示としてください。
なおメニュー「フィルタ」→「並べる」からパターンの確認をする場合は、可視部分のレイヤーを作ってこのレイヤーで確認してください。
25-画像作成

5.GIMP パターンの保存
これはのGIMP、パターンを作るブログとGIMP、パターンの作成演習ブログで説明してますので省略します。

1024サイズの白紙を作製したパターンで塗りつぶしたものです
完成1024塗りつぶし

こちらは白紙の代わりにグラデーションの場合です
完成1024塗りつぶし-2説明

広告
カテゴリー: GIMP タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中