GIMP 、燃え上がる炎のアニメーションを作る

雪降りアニメもそうでしたが、炎のアニメーションも以前ブログに書きました。今回、再度書いてみましたが、少しはわかり易いブログになったかしら、、、、、。
先ず炎のアニメーションの作り方を書いて、炎のアニメーション Script の入手方法は、その後に書きました。また実際のアニメーション設定は「炎のアニメーションを作る」の最後に書いています
こんなアニメーションができます。完成炎不動明王

【炎のアニメーションを作る】
1.元画像を読み込み前準備をする
元画像から、炎を発生する部分と、アニメ化した場合に発生する余計な線(底辺にできる)を消すための画像をレイヤーとして作成します。
炎は画面上側の部分から発生しますので、どこから炎出すかを考えて選択し貼り付けて作ります。また炎発生で作成した画面の下側の線がアニメーション化した場合に発生しますので、これを隠す画像が必要です(この線を気にしない場合は不要ですが)。この非表示のための画像の左上隅はグリッド線の位置となるように選択しておいてください
201-fudoumyou 200-fudoumyou

202-fudoumyou

231-fudoumyo

2.炎アニメーション作成
1)アニメーション作成
メニューの「フィルタ」→「アニメーション」→「炎のアニメーション」と進むと、「Script-Fu:Fire Animator」画面が開きます。「Script-Fu:Fire Animator」画面で、フレーム数やグラデーション(炎を作る)などを設定、背景には元画像のレイヤーを指定します。ここでは作成手順を説明するためなので5フレームの設定にしましたが、普通は15フレーム程度が良いかと思います。
205-fudoumyou
12-fudoumyou

「Script-Fu:Fire Animator」画面の設定が終わり「OK」をクリックすると、別ファイルとしてアニメーションが作成されます。206-fudoumyou

炎用画像の底辺が薄く表示されていますので、メニューの「フィルタ」→「アニメーション」→「再生」とクリックして行けば、アニメーションを確認しましょう。

230-fudoumyo

2)不要な画像(底辺の線)を見えなくする
先ず貼り付けを容易に行うため、グリッド線を表示させ貼り付けた画像などをグリッド線にスナップ(貼り付く)するようにします。メニューの「表示」で「グリッドの表示」と「グリッドへスナップ」にチェックを入れるだけです。
207-fudoumyou

次に「元画像」の「炎画面の底辺線隠し画像」レイヤーをコピーし、アニメーション画像へ貼り付けます。
208-fudoumyou

209-fudoumyou

貼り付けられた状態です。
210-fudoumyou

貼り付けた画像を移動して正しい画像となるようにします。画面左上角を作成時のグリッド線に持ってくるだけです。
211-fudoumyou

合わせた画像位置がずれないように位置関係をロックし、レイヤー名を「隠し」とする
212-fudoumyo

「隠し」レイヤーを5回複製する
213-fudoumyo214-fudoumyo

「隠し」レイヤーと「Frame 」レイヤーを統合する。
「Frame 」レイヤーの上に「隠し」レイヤーを置いて、メニューの「レイヤー」から「下のレイヤーと統合」をクリックして統合する。統合されたレイヤーより上のレイヤーを非表示にして、余計な線のないことを確認。
215-fudoumyo 216-fudoumyo

同様に「隠しコピー#3」レイヤーを「Frame 4」レイヤーと統合、以下順次「Frame 1」まで全部「隠し」のコピーと統合する。アニメーションを再生してみると余計な線のないことを確認する。
217-fudoumyo 218-fudoumyo

3)最適化を行う
各フレームで共通する画像要素を削除することでファイル容量を減らす。メニューの「フィルタ」→「アニメーション」→「GIF 用最適化」をクリック。各フレームで共通する画像要素が各フレームから削除される。
232-fudoumyo

220-fudoumyo

炎のアニメーション作成やGIF 用最適化においては、新しいファイルとして作成されるので、やり直しなどが簡単にできる。
説明用GIF

3.アニメーションの設定(「Script-Fu:Fire Animator」画面の設定)
上記の記述はブログ用に5フレームとしたが実際は15フレーム程度にはした方が良いと思う。
「Script-Fu:Fire Animator」画面の設定項目の内容を下図に示した。
12-fudoumyou

グラデーションについては、クリックしていろんなグラデーション(既定の登録そのた自作)を選ぶことができる。今回は背景が暗いので明るい炎としてみた。
13-fudoumyou

画像の大きさなどで最適な設定は当然異なるが、今回使用した画像(200×263)では以下の設定としてみた。
14-fudoumyou


【炎のアニメーション 、fireanims.scm  組込み】

スクリプトやプラグインは随分前にインストールしており、正直ちゃんと書いているか心配です(これは前の雪降りアニメでも同じですが、、、、)。
1)サイトからダウンロード
「GIMP スクリプト」で検索し、「GIMP2.8用 追加スクリプトの・・・・・」を開く
300-fudoumyou

開いたサイトで、「GIMP2.8用 追加スクリプトの一括ダウンロード」をクリックしてダウンロード
301-fudoumyou

この中に目的の「 fireanim.scm 」が含まれています。
302-fudoumyou

2)解凍
ダウンロードファイルは Zip 形式ですので順次クリックして解凍します。
「アニメーション系」フォルダの中に「 fireanim.scm 」ファイルがあります。
304-fudoumyou

3)ユーザーの「スクリプトフォルダー」へ登録する
Windows¥ユーザー¥名前¥.gimp-2.8¥script へ fireanim.scm ファイルを入れる。
GIMP を再起動すれば新たに登録した炎のスクリプトが使えるようになります。
305-fudoumyou

※ Faceboook 投稿用画面
(画面のアニメは15フレーム設定のもので、ブログの説明用に作成したアニメーションではありません)
説明用GIF

広告
カテゴリー: GIMP タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中