Windows10、Windows PowerShell とコマンドプロンプトの切替

Windows でコマンド操作と言えば MS-DOS 時代からのコマンドプロンプトを使ってきましたが、Windows10 の Creators Update(2017年4月11日 リリース)以降は「Windows PowerShell」に変っています。
しかし「コマンドプロンプト」へ切替て使うこともできます。このブログは Window10での「コマンドプロンプト」使用と「Windows PowerShell」使用の切替について書きました。

「Windows PowerShell」自体は新しいものでは無く、Windows の高度な機能を活用するスクリプト言語としてVISTAと同時に開発されたものだそうです。
「Windows PowerShell」は「コマンド プロンプト」に替わる次世代のコマンドラインシェルということで、「バッチファイル」での処理しかできない「コマンド プロンプト」に比べ、よりも高度な処理をシンプルに記述できるスクリプト言語が使われています。
簡単に言えば「Windows PowerShell」は「コマンドプロンプト」と基本的な役割は同じで、コマンドプロンプトでできることはPowerShellでも実行できるし(私にはできませんが (+_+) )、更により高度なことができるようになったということでしょうか。

「Windows PowerShell」と「コマンドプロンプト」の切替
同時に両方を使うことはできないので、設定から切り替えができるようになっています。
「設定」→「個人設定」→「タスクバー」と開いて「Windows PowerShell」を ON/OFF して切替ます。

コマンドプロンプト使用
MsDos

Windows PowerShell 使用
WindowsPowerShell

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください