GIMP、ダイアログ(レイヤー・ブラシ・ナビゲーション)などの話

GIMP はオープンソースのフォトレタッチソフトです。無料で使えますが、有料アプリに負けない十分な機能を持っています。
このブログでは GIMP フォトレタッチの道具となる沢山のダイアログの中で、「レイヤー」「ナビゲーション」「ブラシ」について書きました。
GIMP 画面(ウィンドウ)は基本的に「画像」、「ツールボックス」、「ドック(ダイアログを多数まとめた画面)」の3画面で構成されていますが、これをシングルウィンドウ化、1画面にすれば、フォトショップなどと同じ一画面となりますので、フォトショップに馴染んだ人にも、幾らかは使い易いかと思います。
(3画面)                (シングルウィンドウ)
1-三画面3-シングル画面

1.シングルウィンドウ化
「ツールボックス」ウィンドウと「ドッグ(ダイアログ)」ウィンドウを、画面の左側と右側それぞれシングル化で並べたいように配置し、メニューから「ウィンドウ」→「シングルウィンドウモード」をクリックする。2-シングル画面

2.「レイヤー」ダイアログ
「レイヤー」ダイアログは、既定では上のドッグの左端にあります。
下図は4つのレイヤー、「背景」「加工レイヤー」「文字(シングル画面)」と「文字(ツールボックス・・・・)」で構成されています。
4-レイヤー - コピー

各レイヤーの左側の「目玉」のマークをクリックして消せば、このレイヤーは表示されなくなります(再度クリックすると表示されます)。
5-レイヤー6-レイヤー

7-レイヤー

各レイヤーは上にあるほど画面前面へ表示されます。
レイヤーの上下移動はこのドッグの下部にある上下を向いた緑色の矢印で行います。例として文字を見易くする白い四角を描いた「加工レイヤー」最上部まで移動してみました。文字が見え難くなりました。
8-レイヤー

画像レイヤーは「レイヤーマスク」を使って画像を加工することができますが、ここでは省略します。

3.「ナビゲーション」ダイアログの追加
「ナビゲーション」ダイアログでは、画像内の任意の場所を拡大表示してみることができます。
ダイアログの追加は、当該ダイアログ(ここではナビゲーション)を追加したいドックから行うことができます。ドックの画面右上端にある左向き◀マークをクリックし、タブの追加を選び、「ナビゲーション」をクリックすればOKです。
10-ナビゲーション

「ナビゲーション」ダイアログは画面下部のスライダーで拡大率を変えるとともに、ダイアログ画面に表示された拡大表示部分をドラッグして任意の場所を拡大できます。これで細かいレタッチの作業がやり易くなります。
9-レイヤー

4.「ブラシ」ダイアログ
「ブラシ」ダイアログではブラシの間隔の設定ができます。
「ブラシ」はツールボックスのツールオプションで殆どのことができますが、ブラシ間隔設定は「ブラシ」ダイアログから行います。
ブラシ間隔はパーセントで設定しますので、「ツールオプション」で設定したブラシの太さに影響されません。
ブラシ間隔

カテゴリー: フォトレタッチ, GIMP タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください