IPA文字情報検索システムを使ってみる(人名漢字を正確に?)

昨年末、「すべての漢字が統一規格になって、戸籍などに使われているすべての文字がコンピューターで使えるようになる」とのニュースがありました。それとは直接は関係ありませんが、文字情報基盤整備事業の MJ 文字情報検索システムを使ってみました。
漢字は、関連文字あり、異体字ありでたいへんややこしいです。ややこしや、ややこしや・・・です。
漢字はたいへん

1.MJ文字情報検索システムを開く
「IPA  漢字を検索」で検索し、「MJ文字情報検索システム(簡易版)・・・」を開く
0-漢字検索

2.漢字を検索する
開いたサイトで、検索窓に入力して検索できるのは ①漢字、②カナ、③USCコード(文字コード)、の三つです。
1-漢字検索

先ず漢字で検索してみましょう。
検索窓に「哲」と入力して検索すると、IPAmj フォントで二つ「哲」の漢字が登録されていました(UCS コードが同じ異体字)。
2-漢字検索

カタカナで「テツ」を検索すると、228文字がありました。この中のどこかに「哲」もあるはずです。
3-漢字検索

3.検索コードでの検索
ユニコード(UCS)では登録されている漢字が限られていると思いましたので、IPAmj コード(文字情報基盤整備事業でのコード)で検索してみます。
検索画面で「さらに詳細な検索はこちらへ」をクリックして、「IPA MJ文字情報検索 コード検索」の画面を開きます(ここで検索表示された漢字はコピーして IPAmj コードに対応している Office などアプリで貼り付けて使うことができます)。
4-コード漢字検索5-コード漢字検索

「哲」の字のMJ文字コード、「MJ00829」を入力して検索。「哲」の字が検索表示されます。この「哲」の字をクリックすると更に詳細情報が表示されます。
6-コード漢字検索

コピーフィールドから文字をコピーすれば異体字であっても、ワードやエクセルなどに貼り付けられます(Windows10)。Windows10で、 IPAmj フォントに対応しているアプリならコピー貼り付けで正常に表示されます。
7-コード漢字検索

「邊」の異字文字をワードに貼り付けてみました。異体字わたなべさん

4.関連グラフ
当該文字と関連のある字を表示することができます。メニューの「関連グラフ」をクリックして開きます。
31-関連漢字検索

しかし関連グラフでは検索窓に入力できる文字は UCS コードが必要です。MJ文字コードには対応していません。そのため関連表示できる文字が制限されています。「哲」 で検索しても、の UCS ユニコードは同じコードのため表示できません(このWordpressブログサーバーも IPAmj に対応してませんので哲を使いわけることはできません)。
20-関連漢字検索
10-関連漢字検索

渡辺さんの「辺」の字も同じで、ユニコードを持っている字は関連グラフとして表示されます。
23-関連漢字検索

関連グラフも IPAmj コードへ対応して欲しいものです。

カテゴリー: Windows10 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください