GIMP、ツールボックスの「 整列(並べる)」を使ってみる

GIMP のツールボックスには画像加工を行う道具(ツール)がたくさんあります。ツールの「整列」(並べる)を使って、選んだ画像を任意の位置に移動させることをやってみましょう。120-整列

整列・移動させる先の基準とするものには「最初のアイテム」、「選択範囲」、「画像」(キャンバス全体)があります。
なお「選択範囲」を基準とすれば、任意の場所へ整列(移動)させることができます。

このブログでは、先ず「選択範囲」への整列(移動)を行い、次に「最初のアイテム」(最初に選んだ画像)への整列(移動)を、そして最後に「画像」への整列(キャンバスを基準にした整列)を行ってみます。
1.「選択範囲」への整列
画像を整列させたい場所へ選択範囲を作成します。整列は選択範囲の左右上下の辺、何れかへ沿う形で整列(移動)しますので、四辺のどの辺に合わせるかを考えて選択範囲を決めてください。
100-整列

次にツールボックスで「整列」を選び、ツールオプションから基準を「選択範囲」とします。
101-整列

整列移動させる画像をクリックして選びます。ここでは①の小さいハバネロの画像を移動させます。
102-整列

ルールオプションの左辺整列をクリックすると選択範囲に左辺に画像①が整列し、次に上辺整列をクリックして、選択範囲の上辺へ画像①を整列させます。
103-整列104-整列

こんな感じで画像①が移動しました。
105-整列

2.「最初のアイテム」へ整列
最初に選んだ画像の左右上下の辺、何れかへ沿う形で整列します。このため画像の水平方向で整列させるとか縦方向で整列させるときには簡単で便利です。
4-整列

先ず基準とする画像をクリックし、次に「Shift 」キーを押しながら移動させる画像をクリック
2-整列

後はツールオプションの整列辺をクリックします。左辺、中央、右辺で整列させた5-整列6-整列7-整列

同じく上辺、中央、下辺で整列
121-整列

上下の中央で整列させると重なる
122-整列

3.「画像」へ整列
整列の基準を「画像」とすれば、画面の中央や四隅、画面の端へ整列させることができます。移動させる画像をクリックして、後はツールオプションの整列キーをクリックするだけです。
123-整列

四隅へ整列(ここでは左下隅へ整列)そして中央への整列も簡単です。
124-整列125-整列

4.「整列」と「並べる」はオフセット有り無しの違い
ツールオプションの整列に「整列」と「並べる」がありますが、両者の違いはオフセットのみです。
「並べる」を使えばオフセットを付けて整列できますので、通常はオフセットを0にして「並べる」を使うのが良いかも知れません。
11-整列12-整列

 

Facebook
4-整列

カテゴリー: フォトレタッチ, GIMP タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください