GIMP、画面の一部を拡大・縮小する(Liquid Rescale)

GIMP では プラグインを使うことで、画像の主体となる部分はそのままに、背景などを拡げたり縮小することができます。例えば下図のような感じの画像処理ができます。
260完成-伸張DSCF5189

このプラグインは下記のサイトからダウンロードできます。
Liquid Rescale(画像の一部のみ拡大縮小)
http://liquidrescale.wikidot.com/

では使い方を述べて行きましょう。
先ず一部を伸張(短縮)する画像を開き、メニューの「レイヤー」から「Liquid Rescale」をクリックし、「Liquid Rescale」画面を開きます。そして「Feature mask 」タブで Feature preservation mask の「New」をクリックします。
201-伸張DSCF5189

するとツールボックスの描画色が「緑」となり、また Feature preservation mask の Layer が設定されます。
203-伸張DSCF5189

ブラシで原画状態を残したい部分を塗り覆います。そして塗り終わったら「Liquid Rescale」画面の「Refresh 」をクリック。
206-伸張207-伸張DSCF5189

「Liquid Rescale」画面に緑で塗りつぶした部分がコピーされます。
次に拡張する画面サイズを設定し(ここでは横サイズを860px から1100px へ拡げました)、「OK」をクリック。
208-伸張

画面が水平方向に引き延ばされました。手前の人物の後姿はそのままです。追加された(緑に塗られたレイヤー)を非表示にすれば完成です。
209-伸張211-伸張DSCF5189

250完成-伸張DSCF5189

伸張-6DSCF5189

広告
カテゴリー: フォトレタッチ, GIMP タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中