Windows10、タイムラインを非表示にする

Windows10 April 2018 Update 」でタスクビューにタイムラインができ便利になりました、最大30日分のパソコン操作の記録が残り、操作したファイルやWebサイトを簡単に再度開くことができます。
しかし考え方を変えると「タイムラインは個人の秘密を表示してしまう」ことにもなります。このブログではタイムラインの非表示の方法について書きました。

タイムライン非表示設定
アクションセンターを開き、「プライバシー」→「アクティビティの履歴」と進み、二つのチェックを外すだけです
1-タイムライン非表示 2-タイムライン非表示但し、既に記録されているタイムラインは残ってます。多分30日が過ぎるまでは、画面数にもよりますが数日分のタイムラインが表示されるようです。

特定のファイルやWebサイトを消す(非表示)
上記の操作でも残った
タイムラインの表示を消すには、当該のファイル・Webサイトを右クリックして、表示されたメニューの「削除」をクリックします
5-イムライン非表示

タイムラインを表示にする(非表示から表示へ変更)
タスクビュー画面の一番下に表示される「有効にする」をクリックすると30日分のタイムラインが再度表示されるようになります。
3-イムライン非表示
上記の操作で、「アクティビティの履歴」設定画面から行わなくてもタイムラインを表示できます。
6-イムライン非表示

但しすべてのアクティビティを消去すると、タイムラインの「有効にする」は消えますので、「すべての設定」→「プライバシー」から「アクティビティの履歴」画面を開き、再度アクティビティの履歴を収集するようにする必要があります。
10-イムライン非表示

カテゴリー: Windows, Windows10 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください