GIMP、Symmetry Painting ツールを使ってみる

Symmetry Painting ツールは「ツールオプション」にあります。「ツールオプション」のタブに追加すると使うことができます。
機能は水平・垂直軸に対称な作画(Mirror)、整列作画(Tiling)と回転配置作画(Mandala)です。下図は左から Mandala と Mirror、服に Tiling で柄を付けたもの、一番右は Mirror 作画の説明です。
曼荼羅整列鏡像

私は絵を描くのは苦手ですし、またパソコンで絵を書くなどはしてませんので、使う機会はありませんでした。GIMP で絵を書いている人には役立つ機能と思います。

1.ツールオプションに「Symmetry Painting 」タブを表示させる
「ツールオプション」ダイアログの上部右端の左向き三角をクリックして、表示されたメニューで「タブの追加」、そして「Symmetry Painting 」をクリック
1-symmetry

ツールオプションは「Symmetry Painting 」となります。
「Symmetry Painting 」には Mirror、Tiling、Mandala があります。「Symmetry Painting 」を使わないで描画するときは「なし」しておきます。
2-symmetry

Mirror や Mandala では水平と垂直の軸が表示されます。軸が基準となりますが、既定では両軸は画面にセンターに設定されています。
3-symmetry

2.Symmetry Painting
1)Mirror (鏡像)
水平軸、垂直軸、中心(水平垂直軸の交点)に対称な画像が描かれます。ここではブラシで絵を描く代わりに画像ブラシのワンクリック画像を使いました。6-symmetry

ブラシで描画するとこんな感じです(水平・垂直軸を画面左上まで移動してます)
25-symmetry

2)Tiling (整列)
整列では水平垂直軸はありません。並べる間隔(水平、垂直)の設定とずらし(オフセット)の間隔が設定できます。
5-symmetry

描いた絵の服に模様を入れてみましょう。
「Symmetry Painting」タブからツールオプションに切替て、ブラシで絵を描いて、上着の部分を選択(電脳はさみ)。模様にする絵は描くのが普通でしょうが、ここでは花ブラシを使うので、そのサイズを適当な大きさに設定。
20-symmetry

再度「Symmetry Painting」タブにして「Tiliting」を選び、整列の間隔とオフセット間隔を設定。ツールの「ブラシ」が選ばれていることを確認し、服(選択範囲)をワンクリック。
21-symmetry

23-symmetry

3)mandala
水平垂直軸の交点を中心に等角度で回転する5個の画像が描かれます。
7-symmetry

ブラシで線を描いてみました。
8-symmetry

4)選択範囲
機能は画面全体に機能しますが、選択範囲があるとその選択範囲内でのみ機能(描画)します。
10-symmetry

5)使えるツールなど
消しゴムやスタンプなど描画のツールは使えます(当然ですね)。
11-symmetry

しかし、コピー画像の貼り付けは別レイヤーとなりますので「Symmetry Painting」機能はは機能しません。コピーは普通にコピーされるだけです。また消しゴムで消した部分に「塗りつぶし」で赤くしましたが、「Symmetry Painting」機能は働きませんでした。15-symmetry

Facebook

整列

曼荼羅

 

 

広告
カテゴリー: GIMP タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください