Windows10、フォトの「人物」検索を使ってみた

皆さん、フォトビューワーは何を使ってますか? Windows10が何時の頃か、バージョンアップした後から写真を見るビューワーがなくなった( Windows Live Essentials のフォトギャラリーが使えなくなってから)。
何を使ったら良いのか? 何もない。
仕方がないので?、、、ずーっと Google フォトを使って重宝していたのですが、、、、、頼みの Google フォトも自動アップロードができなくなり、容量も無制限と謳っていたものも Google は止めてしまいました。これではビューアーにはなりません(有料の容量拡張をすれば良いのでしょうが、、、)。
Googleフォトえくすぷろーら

今では Windows10の「フォト」に頼るしかないのかしら、、、、画像修正などはそこそこで良いから、検索機能の強化とRAWファイルも表示するようにして欲しい、ビューアーに徹した機能改善を強く望みたい(エクスプローラは当然のことですが「フォルダー」単位なのでビューアーには向かない)。
フォト

このブログでは、「フォト」の人物検索機能について書いてみます。
1.年月検索「フォト」
先ず、人物検索の前に年月検索について書きます。
「フォト」を起動すると、年月の降順にピクチャーなど指定のフォルダーの写真が表示されます。フォルダーに関係なく画像の作成(撮影)年月日で整理されています。年月(ここでは2018年6月)をクリックすると左側に年月のみが表示されますので、スライドして任意の年月(ここでは2017年12月)を選びクリックするとその年月の写真が表示されます。
1-photo2-photo3-photo

2.人物検索
「フォト」で表示できるように設定したフォルダー(複数)の全写真について、自動的に写真内の人物に検索タグ付けしますので、手間いらずで人物検索ができます(しかし先行の Google フォトの検索が精度は高いように感じます)。画面上部のメニューにある「人物」をクリックすると「人物」検索の画面となります。
5-photo

最初に使う時に「タグ付けの開始」を行う必要があります。
7-photo

1)名前の追加
次は人物に名前を付けましょう。名前を付ける人の「名前を追加」をクリック(顔写真をクリックしても同じです)。
8-photo

名前入力の画面となります。「名前を追加」をクリックすると名前の記入欄の画面となります。下にはPeople など連絡先が表示されています。
12-photo13-photo14-photo

「お姫さま」と名前を書きました。連絡先に登録してなければ「新しい連絡先に追加」して保存
16-photo17-photo

2)名前の統合
フォトは(フォトも)顔検知を間違えます。同じ人なのに別の人として表示された場合はそれを統合することができます。
30-photo

まだ名前を追加してない方を選び、同じ名前で追加してください。同じ名前で追加すると既に登録した名前が連絡先に表示されますので、これをクリック。確認して「はい」。両方の写真が統合されます。
32-photo33-photo
34-photo

3)違う人の写真を削除
人物(名前)で検索された写真には間違って違う人の写真が入ってることがあります。間違った写真のタグ付けを外すせば、その写真は表示されなくなります(写真が削除されるわけではありません、その人物のタグがなくなるだけです)。
間違った写真を選び(複数でもOK)、右クリックして表示されたメニューで「タグの削除」をクリック。タグがなくなって検索結果に表示されなくなります。40-photo

41-photo

年月検索はともかく、「フォト」の検索機能は「人物」も含め十分に使える域にはない気がします。Windows10(「フォト」)の画像ビューアーとしての機能向上を望みたい。

16-photo

 

広告
カテゴリー: フォト, Windows, Windows10 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください