GIMP、星の王子様の世界の星(Little Planet)を作る

パノラマ写真から Little Planet、おとぎ話出てくるような小さな星を作ってみましょう。パノラマ写真を開き、GIMP メニューの「Filter」→「Map」→「Little Planet」と進むだけで小さなかわいい星が作れます。
加工-IMG_0991 - IMG_1003_blended_fusedブロックTEST4-LittlePlanet58-Little設定

1.パノラマ写真を作る
パノラマ写真は、互いにオーバーラップさせながらぐるっと360度以上撮影した複数枚の写真から作れます。いろんなアプリでパノラマに作れますが、既にブログに書きました「Hugin」というオープンソースのプログラムが優れものです。31-Little設定
下図の例では12枚の写真からパノラマを作っています。
20-Little設定Hugin での操作も簡単です。この程度なら、Simple インターフェイス(アプリ任せ)でできます。「①画像を登録」で12枚の画像を選んで、「②配置」、配置は自動的に適正に配置されますので次に「③パノラマを作成」とクリックすれば自動的にパノラマ写真が作成されます。30-Little設定

2.「おとぎの国の星」(Little Planet )を作る
GIMP にパノラマ写真を読み込み、メニューの「Filter 」から「Map」→「Little Planet」をクリック
21-Little設定

Little Planet 画面で「Pan」「Tilt」「Spin」「Zoom」を調整して見易い星に、「OK」をクリックすれば「おとぎの国の星」ができ上ります。22-Little設定

適当にトリミングして完成
2-完Little設定

3.パノラマ写真がない場合の「おとぎの国の星」(Little Planet )の作り方
疑似的なパノラマ写真を作れば Little Planet  となります。ここでは下図のような漫画絵を使って説明します。
Notpanoramaxcf

この絵をこのまま「おとぎの国の星」にすると、パノラマ画像ではないので左右の画像の端が違い「おとぎの国の星」に不連続が生じます(火山が半分のまま残ります)。
50-Little設定

1)画像を疑似パノラマ化
先ず作業画像を適当な所で切り、左右二つのレイヤーに分けます。それぞれレイヤー名を「パノラマ右」と「パノラマ左」としました(ここでは分かりやすくするため鉄塔の中心で分けています)。52-Little設定

レイヤーとして作成した画像の切断面を画像両端に移動すれば、疑似的なパノラマ画像となります。
53-Little設定
そして「可視部をレイヤー」として、レイヤー名を「疑似パノラマ」としました。
54-Little設定

2)不連続部分を隠す
これで画像はパノラマ化されましたが、半分の火山が残ります。これは仕方がないので、これは写真(画像)外から適当な画像を持ってきて隠すことにします(写真内に適当な部分があればその部分をコピーして使うこともできる)。
55-Little設定

後は「可視部をレイヤー」として1枚のレイヤーとして「Little Planet」を行えばOK。
56-Little設定

完成
57-Little設定

 

Facebook加工-IMG_0991 - IMG_1003_blended_fused

広告
カテゴリー: GIMP, Hugin タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください