縦書き文章中の横文字表示、Libreoffice(Writer) と MS-Office(Word)

何回も書いてきた私の持論「リタイアー後は高価なMS-オフィスは不要、 Libreoffice で十分。お金に余裕があるならば、その分パソコンの高機能化へお金をつぎ込む方が良い」。ワードで書いた文書、エクセルの集計表も Libreoffice で開くことができますし、普通の使い方なら Libreoffice で困ることはないと思います。
、、、と言うわけで、今回は Libreoffice(Writer) と MS-Office(Word)の縦書き文章中の横書き表示(いわゆる「縦中横」)について比較してみました。ワードWriter比較Screen

1.ワードでの「縦中横」
先ず横表示にする文字を選択し、「ホーム」タブの拡張書式をクリックして表示されたメニューから「縦中横」を選択。「縦中横」画面が表示されるので文字列の表示を確認して「OK」
4-ワードWriter比較Screen

2.Writer での「縦中横」
横表示にする文字を選択して右クリック、表示されたメニュで「文字」をクリック。「文字」画面が表示されるので「位置」タブを選び、回転/倍率 項で90度を選択して「OK」
3-ワードWriter比較Screen

 

広告
カテゴリー: ワード, LibreOffice, Office(オフィス), Writer タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください