我家の「映画、TV番組」DVDデータベース作製(2) — テーブル作成 —

前回の基本設計に続き、今回は具体的な作業に入ります。
データベースの内容は、放送同録してDVD化した映画やTV連続番組などが数百枚あるので、アクセスを使ってDVDデータベースを作りDVD管理を行うものです。
前回の基本設計に続き、今回は実際にDVDデータベースを作って行きます

1.各種テーブルの作成
先ずアクセスを起動し適当なフォルダ(ここではデスクトップ)に「DVD管理」という名前の空のデータベースを作成、ついで TDVD(構造)、T種類、T国、TDVD-TEMP(構造)テーブルを作る。
30-作成31-作成
テーブルを閉じると空のテーブル(テーブル1)は見えなくなるので、メニュー「作成」を選択、リボンから「テーブルデザイン」をクリックして DVD基本テーブル「TDVD]を作成する。
32-作成

1)「TDVD」テーブル作成
①主キーID「No
最初のフィールドを「No」として主キーを割り当て、インクリメント(レコードを追加するごとに自動的に増加する)型として長整数型とする
33-作成

②DVD識別番号「DVDNo
DVD を戸棚などの保管場所から探すための識別番号で、当然整数で小数点以下は不要
34-作成

③「種類」映画かテレビ番組か、「」製作国名
この二つのフィールドは別のテーブルとリレーショナルな形で連携しますので、整数型とします。なお説明欄にフィールドの説明をすること分かり易いと思います。
35-作成

④「製作年度」製作された年度、若しくは最初に放送された年度(西暦)
数値型でも良いと思いますが、ここでは文字型としました。
36-作成

⑤「題名」「監督」「主演男優」「主演女優」「備考
すべて短いテキスト型としました。字数は題名から順に、30、20、50、50で備考は255文字までの大きさとしました。出演者は男女とも複数名を記入できるようにやや多めにしました。
37-作成

⑥「枚数
TV番組なら話数とし映画であればDVD枚数を記入します、数値で整数型。
TV番組では100話を超えるものもありますが、映画であれば多くて2枚。ブルーレイのディスクなら1枚ですが初期のDVDにダビングしたものもありますので2枚に亘るものもあります。
38-作成

全フィールドの設定が終われば「TDVD」テーブルを保存します。テーブル作成画面の右上隅の「✖」をクリックしてウィザードに沿って作業を進め、テーブル名を「TDVD」として最後に「OK」をクリックします。
39-作成40-作成

2)「T種類」と「T国名」テーブル作成
「TDVD」テーブルと同じ要領で作成保存します。主キーの設定を忘れずに行ってください。
「T種類」テーブルの構造
45-作成

「T国名」テーブルの構造
46-作成
)「T種類」と「T国名」ができた
47-作成

3)「T種類」と「T国名」にデータ(レコード)を入力する
「T種類」と「T国名」のデータは決まりきったものなので最初に入力しましょう。
「T種類」へのデータ入力
「種類」テーブルを右クリックして「開く」、開いた画面で種類欄に「映画」、次のレコードの種類に「TV番組」と記入。
50-作成52-作成

テーブル記入画面の右上隅の「✖」から終了すると2個のレコードが保存される。
53-作成

同様に「T国名」にも国を記入、保存する。
54-作成

4)「TDVD-TEMP」テーブルの作成
DVD データ登録はテンポラリーテーブルで行いますので、「TDVD」テーブルとまったく同じテンポラリーテーブル「TDVD-TEMP」テーブルが必要です。「TDVD」テーブルをコピーしてその構造を貼り付けます。テーブル「TDVD」をコピーして貼り付けるだけです。
57-作成

作成したTDVD-TEPMテーブルをデザインビューで開いた。

58-作成

「TDVD-TEMP」テーブルの既定値の設定
「TDVD-TEMP」テーブルは DVD データを登録する時に使いますので、フィールドに既定値を入れておくと登録操作で手間が省けます。例えば「枚数」フィールドの既定値を「1」にしておけば、多くのDVD は一枚ですので最初から「1」入力されていることになります。
また検索では全フィールドに何らかのデータが入ってないとそのレコードは検索対象から除かれてしまいます。このため「監督」などすべてのテキストフィールドには「*」を既定値として入れておけば監督名が分からない DVD も題名や国の名前で検索することができます。登録時のデータ入力の手間を省くため「DVDNo」以外のすべてのフィールドには既定値を入れるのが良いと思います。「種類」「国」にも「1」を入れてください。
59-作成

5)リレーションシップの設定
テーブル「TDVD」「TDVDNo」と「T種類」「T国名」のリレーションシップを作成します。「データベースツール」から「リレーションシップ」をクリックしてテーブルの表示画面を表示し、全部のテーブルを順次選んで追加します。
60-作成61-作成

「種類」テーブルの「No」フィールドを「TDVD」テーブルの「種類」フィールドにドラッグしてリレーションを設定します。
62-作成
開いた「リレーションシップ」画面で「結合の種類」を「TDVD の全レコードとT種類の同じ結合フィールドのレコードだけ・・・」を選び「OK」をクリック
63-作成
リレーションシップ画面に戻りますので「作成」をクリック。リレーションが作成されます。
65-作成
同様に「国名」テーブルの「No」フィールドを「TDVD」テーブルの「国」フィールドにドラッグしてリレーションを設定します。
66-作成

「TDVD-TEMP」テーブルについても「T種類」「T国名」テーブルと同じようにリレーションシップを作成してください。これでリレーションシップは完了です、画面右上隅の「✖」で終わってください。
67-作成

次回はフォームの作成からとなります。

 

Facebook
68-作成

カテゴリー: アクセス, Office(オフィス) タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください